More from: インデックス


2018年1Q 資産運用状況 (投資額/評価額公開中) – つみたてNISAでまさかの残高不足

当ブログ恒例の四半期の資産運用状況報告、2018年最初の四半期である1Qの報告時期がやってまいりました。 ■相場環境/投資行動■ この四半期はほとんど相場を見ていませんでしたが,どうも集計をしてみると株安の時期だったよう […]


無駄なことにこそ価値がある: 経済的な損益で考えるばかりでは息苦しい

投資をやっていると,いかに効率的に経済的な利益を得るかといったことを考えるようになります。 特にインデックス投資の考え方は期待リターンやリスクといったものを数字で考えて,勝てる確率が高い方を選ぶといったことでなおさらその […]



乖離が出ている<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドってどうなのよ?

また最近一部界隈で<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドが他の同じインデックスに連動するインデックスファンドと比較して動きが乖離しているということが話題に上がりました。 具体的に起きている現象は日次 […]


広く受け入れられそうな『税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門』(竹川美奈子著)

2007年にベストセラーになった『投資信託に騙されるな』を出してから, 最新版! 税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門 (2014年) 一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用 […]


ビットコインなど仮想通貨だけじゃない,ETFだって1日で全資産が吹っ飛びます

仮想通貨はその値動きの激しさから「大儲けした」という話もあれば,「あっという間に全財産を失った」という話もあります。 しかし,あっという間に資産が無くなるのは仮想通貨だけではありません。東証に上場されている銘柄でもあっと […]




コスト競争に敗れて淘汰されるインデックスファンドが出てくるとしたらそれは良いこと

つみたてNISAへ向けてインデックスファンドの価格競争が進みました。 ニッセイアセットマネジメントが<購入・換金手数料なし>シリーズで仕掛け,アセットマネジメントOneはたわらノーロードシリーズを出し,大和はiFreeシ […]


MSCI China上位10社で見る「時価総額」と「浮動株調整後の時価総額」の違い

先日書いたあなたのその時価総額はどんな時価総額でしょうか? (時価総額型インデックス, 株式を時価総額比で保有)がありますが,ちょうどいい具体的な事例をあげられそうなので実例を出して見たいと思います。 アジア時価総額、中 […]


今さら言っても遅いのかもしれないけど,つみたてNISA”専用”ファンドって無くせないのかな

つみたてNISAが今年から始まっています。 「積立しかできない」「投資対象が投資信託・ETFのみ」「投資信託・ETFでもいろいろと条件が付いている」など,導入を推進した金融庁がいろいろと注文を付けて導入された投資制度です […]







あなたのその時価総額はどんな時価総額でしょうか? (時価総額型インデックス, 株式を時価総額比で保有)

「世界中の株式に分散。時価総額比で保有する」 「VTのように世界中の株式に時価総額費で分散することで,世界経済の発展を取り込む」 こんな感じの話を聞くことがありますが,ここで語られている「時価総額」ってなんでしょう? 【 […]