リクルートHD、値決め翌日は一進一退! 配分結果は‥‥

PO 公募増資

リクルートが大商いのなか一進一退、売出価格決定で売り方の買い戻しも 
リクルートホールディングスが大商い。株価は前日終値をはさみ一進一退となるなか、午前10時時点で売買代金はトップに膨らんでいる。同社は10日の取引終了後、先月28日に発表した株式売り出しの売出価格が3079円で決定したと公表した。10日終値に比べ3.02%ディスカウントされた水準で決まった。これに伴い、信用で売りを建てていた向きの買い戻しが入っているようだ。受渡日は18日となる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

本日は小幅安スタートでしたが、買い戻しが入ったのかすぐにプラ転し、前場高値3209円までありました。
その後は再度マイナス圏となり、前引けは小幅安の3162円(-13円)でした。

自分の配分結果は渋めで、一番いいところで6割弱、悪いところが1割ジャストの配分でした。かなりの大型売出であることを考慮すると、いまいちの結果でしたね。

出典:IPO初値予想/分析 IPOストライカーの投資ブログ!
詳細は引用元へ: リクルートHD、値決め翌日は一進一退! 配分結果は‥‥


コメントを残す