正栄食品、ヤマトインター、ハウス食品、CDGから優待品が届きました!

正栄食品(8079)から、自社製品詰合せが届きました。

正栄食品からの優待品

ここは、毎年、権利確定日に向けて、必ず上がる銘柄で、先回り買いが決まりやすい銘柄です。

一方で、権利付き最終日の逆日歩も、ほとんどがMAXになりますので、最高逆日歩を喰らっても、いいくらいの値幅を取る必要がありますが、結構、上がりますので、毎回、キャピタルゲインと株主優待がいただけています。

10月銘柄ということで、仕掛けやすいというこもあって、このところ、毎回ゲットしています。

こちらのお菓子も、いつの間にか、どこかへ消えていますので、それで良しです。(笑)

ヤマトインター(8127)から、1000円相当の自社製品が届きました。

ヤマトインターからの優待品

ここは、これだけいい相場でも、買値に届いてくれてなく、毎年、強制取得になっています。(笑)

ただ、今年の優待品は、例年よりは、少しいいのかな?という気もしますので、まぁ、いっか!

ハウス食品(2810)から、自社製品1000円相当の詰合せが届きました。

ハウス食品からの優待品

こことも、長い付き合いですが、現在は、1年以上の長期保有が、株主優待の権利の条件になっていますので、ご注意ください。

毎年、わさびとからしが交互に入っていて、夢の株主優待への必需品があるので、うれしい限りです。

CDG(2487)から、ティッシュ―20箱が届きました。

CDGからのティッシュ―

こちらも、夢の株主優待生活には、必需品ですので、うれしい優待品です。

3月期の、特種東海(3708)と、日本製紙(3836)と合わせれば、ほとんど賄えるのかな?という気がします。

毎年、どっさりと届く優待品を楽しみにしています。

さて、今日の株式市場は、NY株高、ドル・円が115円台まで、円安になったことを受けて、寄り付きから高くはじまり、300円高に迫る場面もありましたが、その後、為替がやや円高になったこともあって、上げ幅を縮め、結局、158円高の19155円で引けています。

株主優待株は、値上がり銘柄が多いものの、今日も主力株主導で、まだ、恩恵に与かられていない印象です。

そんな中、ぴあ(4337)が、168円高の大幅高になっています。材料は、よくわからないのですが、すでに割高水準ですので、どうなんでしょうね?持ち株なので、まぁ、いっか!

神戸物産(3038)が、480円高の大幅高になっています。インサイダー取引の捜査対象者全員が、不起訴になったとの報道を受けて、安心感が広がったということです。

これまで、下げていた食品大手の銘柄にも、買い戻しの動きが出て、日清製粉(2002)、味の素(2802)、カゴメ(2811)、キユーピー(2809)辺りが、大幅高になっています。日経平均に逆行するように下げていましたので、当面は、調整局面があるかもしれませんね。

12月銘柄の飲料メーカーは、揃って、値上がりしています。ちょっと高くて、まだ、仕込んでいないのですが、どんどん値上がりして、昨年と同様に、厳しい状況になっています。サッポロ(2501)、キリン(2503)、コカ・コーラウエスト(2579)辺りが、大幅高になっています。

その他の3%以上の大幅高銘柄は、下記の通りです。

薬王堂(3385)
マクニカ・富士(3132)
ニッタ(5186)
ケンコーマヨ(2915)
アサンテ(6073)
安永(7271)
東海運(9380)
パラマウント(7817)
寿スピリッツ(2222)
伊藤園(2593)
サカタのタネ(1377)
コスモス薬品(3349)
フロイント産業(6312)
マニー(7730)
フジッコ(2908)
ブルボン(2208)
森永乳業(2264)
M&Aキャピタル(6080)
ジャパンレスキュー(2453)
カナモト(9678)
MonotaRO(3064)
大塚(4578)
インベスタークラウド(1435)
アウトソーシング(2427)
N・フィールド(6037)

一方、先週末ストップ高だったコーセーRE(3246)は、寄り付きから、大幅安気配で、102円安の大幅安になっています。やっぱり、欲張らず、ストップ高で、一旦売りだったか・・・・・しまった、しまった、島倉千代子になってしまいました。まぁ、ここは、株主優待の権利に、長期保有の縛りがありますので、諦めましょう。(笑)

GMOアドパ―トナーズ(4784)が、業績の下方修正と減配を発表して、大幅安になっています。

うんんん・・・・・・10円配当予想が、3.5円ですか・・・・・涙、涙の連絡船になっています。買値も割ってしまったし、当分は、塩漬け決定のようですね。

その他の3%以上の大幅安銘柄は、下記の通りです。

パレモ(2778)
ラウンドワン(4680)
アパマン(8889)

先週末、株主優待の新設を発表していたCRE(3458)と、日進工具(6157)は、明暗を分けました。CREが、マイナス引けだったのに対し、日進工具は、401円高の大幅高・・・・・・私は、パスですね。

引け後に、三共生興(8018)から、株主優待の廃止のIRが出ています。これまでに、1度いただいたことがありますが、タナベ経営(9644)のものと、ダブって、使わなかったので、次の年から、権利を見送っていましたので、まぁ、いっか!

このところ、留まることなく株価は上がってしまって、もう、買える銘柄がなくなってきています。それほど、トランプノミクスに期待が持てるのでしょうか?昨年も、12月は、良くて、地獄の1月が待っていましたが、今回もそうなるんでしょうかねぇ?

端株が買える証券会社

端株優待株をゲットする方法」を参照ください。

出典:株主優待生活のすすめ
詳細は引用元へ: 正栄食品、ヤマトインター、ハウス食品、CDGから優待品が届きました!


コメントを残す