上手い個人投資家は監視対象に?「俺の取引は監視されてる」は実際にある!

投資
FXディーラーに課される取引ルールの代表例3つ/上手い個人は監視対象!?

(前略)
FX会社は多数の個人投資家を顧客として抱えています。その中には本当に実力と資金を兼ね備えた「本物の」トレーダーが少数ながら存在しているので、FX会社はその口座の動きをリアルタイムにマークしています。過去の取引履歴から特に上手いトレーダーを選別してきて、その口座からの注文があると即時にディーラーの端末にアラートが出るようになっています。ディーラーはそれらの口座の動きも参考にディーリングをします。

例えば、ディーラーが「相場は下」と思っていたところ、突然そういう上級トレーダーの口座から大きなロットの買い注文が出た場合、「相場は下」という思い込みを即時に放棄してカバー取引を執行する、ということです。やはり、そういう上級トレーダーは何万人に1人の才能なので、その判断には素直に従うのがよいでしょう。ディーラーの立場としては、上級トレーダーの判断の逆を張ってまで収益を狙う必要はありません。

ちゃんとカバー取引をしておけば損益はトントンにできるので、別の局面で収益を狙っておけば十分なのです。今回はここまでとします。次回がもうちょっと同系統の話をつづけた最終回になります。

ソース
http://bit.ly/2as1mid

続きを読む

出典:株ログNEWS
詳細は引用元へ: 上手い個人投資家は監視対象に?「俺の取引は監視されてる」は実際にある!


コメントを残す