ミスター円!榊原氏「円相場はまた100円を突破されたら90円まで一気に行くから気を付けろ」

榊原
100円突破で「すーっと」円高加速も、90円前後で介入GOとミスター円

円相場は今月にも1ドル=100円を再び突破するー。ミスター円の異名を取る榊原英資元財務官は、円高・ドル安に弾みが付く可能性があり、90円に迫れば為替介入もあり得るとみている。

青山学院大学教授の榊原氏(75)は為替相場は緩やかな円高・ドル安基調がしばらく続くが、「ファンダメンタルズだけではなく、勢いが付くと一気に転がり始めることがある」と指摘。100円を突破すると「すーっと行く可能性がある。90-100円のレンジになる可能性がかなり高い。最初は95-100円だが、95円を切る局面もあり得ないことではない」と述べた。

急激な円高が進むたびに市場関係者の間で話題となるのは為替介入観測。榊原氏はその可否について、「米財務省次第だ。介入は両国当局の合意が必要だからだ。仮に合意なしで実施しても、市場に見透かされて全く効果が出ない」と指摘し、「私も溝口善兵衛氏の時も、米国と完全に手を握っていた」と語った。「米国は今は介入に反対だが、90円を突破するような気配が出てくれば危機感を持つだろう。極端で急速なドル安は米経済にも、ウオール街にも好ましくない。90円を割れれば、日米で合意の可能性もある」と言う。

円の対ドル相場は、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利してリスク回避の動きが強まった6月24日に99円02銭と2013年11月以来の高値を付けた。その後、日本政府の経済対策や日本銀行の追加緩和への期待などから107円台半ばまで戻す場面もあったが、7月29日には日銀の発表した追加金融緩和が予想を下回る内容だったことや米景気の減速を受け、105円台半ばから101円97銭まで急騰した。ドルに対する主要10通貨の騰落率で、円は年初来の上昇率が17%超と最も高くなっている。

榊原氏は、1995年5月に大蔵省(現財務省)の国際金融局長に就任。円相場は、同氏が就任前の4月に当時の戦後最高値79円75銭を記録した後も80円台で推移していたが、米欧との協調介入や米国の利上げ、日銀の利下げなどを背景に、同年9月に100円の大台を回復した。アジア経済危機が発生した97年7月からは財務官を務め、日本経済が金融危機に直面する中で巨額の円買い介入も手掛けた。

財務省の為替介入実績によると、政府・日銀は円相場が75円35銭と戦後最高値を更新した2011年10月31日に過去最大となる8兆722億円の円売り・ドル買い介入を実施。翌月4日まで続けた後、足元まで介入していない。(以下略)

ソース
http://bit.ly/2aYqqh6

続きを読む

出典:株ログNEWS
詳細は引用元へ: ミスター円!榊原氏「円相場はまた100円を突破されたら90円まで一気に行くから気を付けろ」


コメントを残す