【6/15】あたしが買うと…

日経平均:19831.82(-51.70)

上がったりー下がったり―
なんだか、よくわかんない動きだったよー

大型株…銀行、証券、輸出株などは一直線に右肩下がりのものが多かったような…
指数の動きとまったく一致しない…
うーん…

FOMC通過でハイテク株が崩れちゃったから、リスク回避で大型株は売り、ってことだったのかなぁ?

75日線や一目の雲上限に頭を抑えられて落ちちゃった銘柄が多数で、いかにもこれから調整局面入りって感じがします…

本日の成績:前日比-7442
今月の収支:+105435

ちょろっとだけマイナス。
ひみつ銘柄1がなぜか逆行高でした。

本日のぷーちゃんシステム

買い:1銘柄(新規:1 買い増し:0)
売り:1銘柄(利確:0 損切り:1)

持ち越し銘柄数:14銘柄

ぷーちゃんは1銘柄損切りして、1銘柄買い。

買ったのは3765ガンホーだよー。
しばらく見ない間にめちゃくちゃ強いチャートになっていた…
(2月頃に裁量で買ったのをそのまま持っていればすごい利益になっていたのに~トホホ…)

現在、含み益が6銘柄、含み損が8銘柄
ポジションは20%弱。

今日のぷーちゃん銘柄はほぼ壊滅でした。
あっという間に含み損ばかりに…。

裁量取引(評価損益)
ひみつ銘柄1 -2.0%
8309三井住友トラスト -1.0%

裁量取引。

銀行株を買ったあああああ!

銀行の時代が来ると思っているので!!
…でも、怖いのでちょっとだけ(笑)

朝の更新にも書いたことだけど…

6/8に日本の長期国債が急落したのも
6/9にアメリカのハイテク株が急落したのも
(同時に銀行株が急騰したのも)
コモディティがやたらと売られているのも
昨日のFOMCでバランスシートの縮小が宣言されたのも
そして、同時にドルが猛烈な勢いで買い戻されたのも

すべてアメリカの長期金利の上昇を示唆した動き、だと思うんだよー!

ぶっちゃけ、今のアメリカはインフレ率が低迷しているし、政治が混迷しているし、長期金利がどんどん上がって行く(国債が売られる)っていうのは想像しにくいんだけど…

それでも、今の相場の動きを見ていると、その想像しにくい長期金利の上昇が来る…のを見越して動いているとしか思えないんだよね。

まぁ、相場っていうのは、想像しにくいことがいきなり起こったりするものだから…

だいたいねー、今って、米国債に買い安心感がありすぎなんだよね。
トランプ政権がグダグダなのをいいことに、とにかく米国債を買ってりゃいい、みたいな風潮がありすぎる…
ヘッジファンドの米国債の買いポジションが過去最大級に積み上がっているし、こういうふうに一方向に傾いた時こそ危ない!

インフレ率は確かに、昨日発表されたCPIも期待外れだったし、パッとしない数字が続いているんだけど…
それって原因は、コモディティの値段が安くなっているから、だと思うんだよね。

代表的な国際商品指数のCRB指数を見ると、今年に入ってから見事に右肩下がりなんだよー。
これではインフレ率は上がらない…
(コアCPIはエネルギーを除いているから影響は少ないんだけど、それでもゼロじゃないからね!商品の価格ってすべての根っこだから…)

でも、コモディティの価格っていうのは、株価と違ってゼロには絶対にならないものだから、どこかで必ず反転するんだよー。
このチャートを見ていると、反転が近い、ように思える…

たぶん、今年の後半には、コモディティの価格が持ち直して、アメリカのインフレ率もびっくりするほど加速することになるんじゃないかなぁ?
今はそれを見越した動きなんじゃないかな、と。

出典:かぶみのトホホ株日記
詳細は引用元へ: 【6/15】あたしが買うと…


コメントを残す