佐賀銀で富裕層の個人情報流出、元行員が窃盗犯らに提供

佐賀銀で富裕層の個人情報流出 元行員が窃盗犯らに提供
2017/6/19(月) 12:55 
佐賀銀行は6月19日、2016年に同行支店で現金約5400万円が盗まれた事件に関連し、預金残高1億円以上の顧客169人の個人情報が犯人グループに流出していたと発表した。元行員で、同事件を巡って窃盗罪などで逮捕・起訴されている被告が共犯者らに顧客情報を漏えいしていたという。
流出した情報は、該当顧客の住所、氏名、電話番号、預金残高、取引店の店番、顧客番号など。同行は現在、警察に被害届を提出した上で、情報が流出した顧客を訪問し、謝罪と説明を行っている。
事件では、昨年8~10月、同行箱崎支店と干隈支店に男らが侵入。箱崎支店では被害はなかったが、干隈支店で現金約5400万円が奪われた。
産経新聞の報道によると、情報を漏えいした吉田淳被告は多額の借金を抱えており、同事件を主導したヤミ金融業者の男に返済目的で顧客情報を提供したという。ヤミ金融業者らは、窃盗のターゲットとするため、富裕層の情報を求めていたとみられる。
0620

 ※動画あり

別支店侵入に関与の疑い 佐賀銀事件、元行員を再逮捕
2016年12月14日02時21分 朝日新聞
佐賀銀行干隈(ほしぐま)支店(福岡市城南区)で現金約5千万円が盗まれた事件に絡み、窃盗罪などで起訴された元行員の男が、別の支店で起きた侵入事件に関わった疑いで福岡県警に再逮捕されていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、両事件を元行員に働きかけた組織があるとみて、割り出しを進めている。
再逮捕されたのは営業支援部に所属していた吉田淳被告(42)=福岡市中央区、懲戒解雇。13日に福岡地裁であった初公判で起訴内容を認めた。起訴状によると、10月6日夜、社宅の同僚の部屋に侵入し、干隈支店の鍵やセキュリティーカードを盗んだとされる。支店ではこの数日後に約5千万円が盗まれ、鍵やカードが侵入に使われたと県警はみている。

この佐賀銀行の事件はかなりヤバイおね(((( ;゚д゚)))
1年後に佐賀銀行から資金流出が止まらなくなって破綻したとしても仕方のないレベル
事の発端は、多額の借金を抱えた佐賀銀行の行員が
社宅の同僚の部屋から鍵とカードキーを盗んで干隈支店で強盗事件が起きたこと
今どき銀行で強盗事件なんてベタな内容だけど行員が絡んでたってのは怖いおね
この下の記事は去年の年末に読んだ記憶があるにょ(σ´∀`)σ

なにより、たかが一行員がこんな大量のデータベースにアクセスした上に
富裕層の資産や住所のデータを丸ごと持ち出せるってどんな甘い銀行なのかと・・
地銀だからそういう情報管理がいい加減だったんだなというのは容易に想像がつくおね
借金のかたに顧客情報を売り飛ばした行員の行為も救いようのないアホだけど
こんな頭の悪い行員に超重要な顧客データベースにアクセス権がある方が狂ってるΣ(・ω・ノ)ノ
およそ正気とは思えないような情報システム管理やってる印象だお(´・ω・`)

佐賀銀行はこんな状況でも「情報の悪用や窃盗被害は起きてない」だとか
寝惚けたことを言ってるようだけど、ココまでくると頭取らも全員頭狂ってるでそ
顧客の情報が流れたのはヤミ金融業者なのでここがものすごくヤバイ
おそらく今回逮捕された連中からさらに多くの犯罪者に顧客資産データが流れてるはず。
他の窃盗団南朝鮮の強盗団に個人情報と資産額が流れるのも時間の問題
高額マンションにすんでる程度ならさっさと引っ越せばある程度身を隠せるけど
地元に家建ててる資産家はなかなかそう簡単には逃げれないのが辛いところ
下手したら一生そのまま強盗と殺人に怯えて生きるしかないのかも(´;ω;`)
まして佐賀や福岡なんてビザなしで渡航してくる韓国籍の強盗犯多いですおね。
命も試算もかなり危険に晒されちゃうんじゃないんでそうかΣ(・ω・ノ)ノ

そう考えると今回の佐賀銀行の事件はあまりにもアホだし救いようがない。
佐賀銀行の金利とATMの利便性が他の地銀より100倍魅力的ってならわかるけど
間違いなくそれはないので資産持ってるお客はみんなさっさと逃げだすでそう(`・ω・´)
その後で佐賀銀行になにが起きるかなんて言うまでもないんじゃないでそか

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: 佐賀銀で富裕層の個人情報流出、元行員が窃盗犯らに提供


コメントを残す