GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

GMO、34億円を投じてビットコインのマイニング事業参入、北欧に「次世代マイニングセンター」設置。2018年上期中に事業開始する予定

2017年9月8日 06:00
GMOインターネット株式会社は7日、仮想通貨のマイニング事業への参入を発表した。2018年上半期をめどに、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。その後、時期は未定だが、「クラウドマイニング事業」も展開する予定だ。クラウドマイニング事業では、個人・事業者が手軽にマイニングに参入できるサービスを提供。具体的には、次世代マイニングセンターの設備資金をユーザーから調達し、その収益を配分するもので、マイニングに成功して報酬のビットコインが得られた場合に参画ユーザーに分配する。また、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を、グループ会社で仮想通貨交換業登録申請中であるGMOコイン株式会社に供給する予定だ。

GMOに続きDMMも仮想通貨マイニング事業に参入
「DMMマイニングファーム」を10月開始
2017年9月08日
昨日GMOが仮想通貨の採掘(マイニング)事業に参入すると発表し話題となったが、DMMもこのビジネスに取り組むようだ。DMMは9月7日、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると明らかにした。DMMは9月8日に仮想通貨事業部を発足。10月よりマイニングファームのトライアルを実施し、年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。2018年度中にはトップ10に入る規模の、そして将来的には世界のトップ3に入る規模での運営を計画しているという。
0909







.

GMOがビットコインのマイニング事業に新規参入すると発表して話題になったのが一昨日。
そしてその翌日にはDMMも同じ事業に新規参入すると発表しました
この2社はFX事業でも世界シェア1位と2位の会社だおね
両社ともスプレッド競争でいつも火花を散らして争ってる企業グループですが
今度はビットコインのマイニング事業でも本格的に争うようですΣ(・ω・ノ)ノ
ここまで何でもかんでもぶつかり合って競合するのってかなり珍しいおね。
まるでSBIと楽天を彷彿させるような激しい戦いをいつも繰り広げています

さて、両社の発表した内容を読んでみましたがGMOのほうがかなり本格的な内容でした。
投資金額も明示してる手のもあるけど、どこの国で設立するだとかその詳細だけでなく
マイニングに関わる3つの事業を手がけるということが書いてありました

いずれは同規模の事業で争うことになるのかもしれないけど
どっちかと言えばDMMの方はお試し参入という程度にしか見えないし
GMOはガチ参入という規模感が最初からあるようなきがしますφ(.. )
(投資金額や事業内容もかなり細かく書いてあるしね)
ただ世界レベルで競争が非常に激しい事業であるだけに安易に考えるべきじゃないでそ
そもそもサーバー事業を営んでるGMOの方が有利であるのは事実だけど
投資金額が膨らめば損失金額も膨らみやすいとも言えるわけだし
電力を大量に使用する事業なんで金もかかるし、中国のライバルも強いですし。

ただ一ついえることはGMOにしろDMMにしろ投資に積極性があるのは評価できます
日本の企業って既存事業にはすごく真面目に投資するけど幅を広げる意識が弱い
アマゾンにしろGEにしろ10年経ったら10年前とは別会社に変身してるけど
激しい世の中の変化に対応するために変化を躊躇しない日本企業は非常に少ないおね
例えばトヨタだったら自動車製造と販売だけどそれ以外の可能性はほぼ0%
でももし自動車の自動運転が20年後に標準化されたらソフトを牛耳るGoogleの圧勝
世界中の自動車会社がただ箱を作るだけのGoogleの下請け会社に転落するわけです
今回のビットコインマイニング事業に関わらず
仮想通貨全般的にいえば将来の可能性はものすごく大きく期待値の多い産業です
その分野に先駆けて投資を惜しまないのは長い目で見れば間違ってはないでそ。
同様にRipple(リップル)に投資してるSBIも非常に良い判断だと考えます
どちらかというと国際送金としての価値があるRippleの方が実需がありそうですけど。

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入


コメントを残す