郵政株、9月中にも最大1.4兆円を追加売却 財務省が正式発表

郵政株、9月中にも最大1.4兆円を追加売却 財務省が正式発表
2017/9/11 15:42
財務省は11日、保有する日本郵政株を月内にも追加売却すると正式に発表した。売却は日本郵政が新規株式上場(IPO)した2015年11月以来、1年10カ月ぶり。財務省は最大で1兆4000億円を売り出す。投資家の需要や株価動向を見極め、早ければ25日に売り出し価格を決める。売却で得た収益は東日本大震災からの復興財源に充てる。
証券会社は11日から投資家を勧誘できるようになる。積み上げた投資家からの需要や株価動向を勘案し、売り出し価格は25~27日の間に最終決定する。最短で25日の終値から数%割り引いた価格で売り、29日にも受け渡しが完了する。
財務省は市場で最少1兆2000億円を売り出す計画で、投資家の需要が多ければ1000億円を追加する。日本郵政が1000億円を自社株買いする。
政府は郵政株の約8割を保有しており、郵政民営化法はできるだけ早く保有比率を3割超まで下げると定めている。15年のIPO時には約2割相当を売り出し、1兆4000億円の収入を得た。今回の追加売却の後も1~2回に分けて売り出し、22年度までに計4兆円の収益を確保して復興財源に充てる計画だ。
郵政株の11日の終値は1321円でIPO時の売り出し価格である1400円を下回る。だが、計算上は最低1230円を上回っていれば目標の4兆円を確保できるため、復興財源の早期確保を優先する。

日本郵政株式会社~株式売出しのご案内~
松井証券では、日本郵政株式会社 の政府保有株式第2次売出しを取扱います。売出しによる株式の売却収入は、東日本大震災の復興財源に充てられます。「売出し」に応募して株式を購入する場合、手数料はかかりません。また、売出し価格は一般的に、市場価格(価格決定日の終値)より割り引かれた価格となります。

ついに、というかようやく政府が本気で日本郵政株の売却に着手するそうです
対面証券やネット証券でも日本郵政株(6178)の売り出しのお知らせがチラホラあるお。
日本郵政の時価総額が6.3兆円でそこに1.4兆円ほど一気に売り抜けるようです。
普通の企業の大株主や経営者が同じことやったら批難轟々で叩かれまくりだけど
日本政府がやるとなぜか叩かれずに「買い時」みたいなニュースが出るのが恐ろしい
完全にただの嵌め込みなのにマスコミまで操作して買い煽るから性質が悪いお
例えていうならものすごく筋の悪いベンチャーキャピタルが大株主の
上場ゴールのクソ株を高値で追加で掴まされるババ抜きゲームみたいなものでそ

この銘柄に手を出すのはただの肥やしなので絶対に避けるべきだおね(((( ;゚д゚)))
対面証券の営業マンがあの手この手で高齢者を騙して売りつけようとするはずです
政府も大手証券に一定の株数を割り振って「売れよ」とノルマ指示出します。
政府も証券会社もグルになって一緒に買い煽るというまさに政府公認の合法詐欺
自分の親族や知り合いに被害者が出ないようみなさんも注意した方がいいでそ(`・ω・´)

日本郵政(6178) 1,402円 +12円 (-0.86%)

ゆうちょ銀行(7182) 1,370円 -7円 (-0.51%)

かんぽ生命(7181) 2,315円 +43円 (+1.89%)

2017年04月20日
日本郵政、豪トールの買収失敗で最大数千億円の損失計上も
2016年02月16日
株主という名の肥やし  ~日本郵政株編~

2015年11月24日
かんぽ生命(7181)を高値で買ったあほるだー早くも資産が25%溶ける

2015年08月20日
日本郵政株なんて“絶対に”買ってはいけない

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: 郵政株、9月中にも最大1.4兆円を追加売却 財務省が正式発表


コメントを残す