FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 その1

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討
リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し
2017/9/27 18:45 日本経済新聞 電子版
金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。金融庁はFXの業界団体、金融先物取引業協会と規制見直しに向け協議を始めた。早ければ来年にも内閣府令を改正して実施する可能性がある。
個人投資家は現在、手元資金の25倍までの取引ができる。手元に4万円の証拠金があれば、100万円まで取引できる計算だ。レバレッジを10倍にして、同じ100万円の投資をしようとすると、必要な証拠金は10万円になる。
金融庁は過去の外為相場の値動きを踏まえ、変動率が最も大きいケースでも元本がなくならないような制度設計をめざしている。1985年以降でみると、主要10通貨の平均の変動率は11.4%。元本がなくなるレバレッジは約9倍だ。検討の軸に据える「10倍程度」という案はこうした過去の変動率から計算したものだ。金融庁は過去の外為相場の値動きを踏まえ、変動率が最も大きいケースでも元本がなくならないような制度設計をめざしている。1985年以降でみると、主要10通貨の平均の変動率は11.4%。元本がなくなるレバレッジは約9倍だ。検討の軸に据える「10倍程度」という案はこうした過去の変動率から計算したものだ。1985年以降のドル円相場で最大の変動率は6.7%。仮に15倍以上のレバレッジをかけて取引すると元本がなくなる。個人投資家に人気のある豪ドル円相場は1日で12.5%変動したことがあり、この場合はレバレッジが8倍以上で元本が消える。
FXは2000年代初頭から国内で盛んになった。当時は規制がなく、投資家が預けた証拠金以上の損失を負うなど投機性の高さが問題だった。10年にレバレッジを最大25倍にする規制を敷き、投資家が証拠金以上の損失を被ることは少なくなった。一方で取引量は増えて外為市場への影響が大きくなっているため、金融庁は規制を強めるべきだと判断している。
金融庁はレバレッジ規制と同時に、FX業者の自己資本規制の見直しも検討する。現行ルールでは120%を下回ると業務改善命令の対象になる。FX業者へのストレステスト(健全性審査)では、カバー取引先が破綻した場合に自己資本規制比率が120%以下になる業者が複数あった。
規制強化に対してFX業界の反発は根強い。レバレッジを下げれば取引量が減り、収益減少や為替市場の流動性低下につながると懸念する。FX取引をけん引してきた個人の投資行動にも影響を及ぼす可能性がある。FX取引はまず、投資家が業者に売買注文を出す。業者は銀行などに顧客から受けたのと同じ注文を出す「カバー取引」によって為替変動リスクを相殺するようにするが、実際はこうした取引が不十分な例もある。

金融庁が来年にもFXのレバレッジ規制を変更すると記事になってました
文章全体をちゃんと読んで見ましたがかなりというかすごく内容が乱暴すぎでそ(´・ω・`)
正直なとこ数学のできないバカが弾き出しちゃった計算値でそ、これ
そもそも1985年以降の主要通貨の平均変動率が11.4%って書いてあるけど
まずなによりもこの数字がものすごく恣意的すぎるおかしな数字でそ(゚д゚)、ペッ

1985年ってまだドル円のレートが250円の時代の話でしょ。それ
しかも1985年に実施されたプラザ合意の影響で急激な円高が進んだんで
1985~1988年の3年間でドル円が250円から120円まで猛烈に動いてるから
1985~1990年のこの5年間を計算に入れるか入れないかでまったく結果が違うおね
そもそもブレトンウッズ協定の崩壊だのプラザ合意だのなんてあまりに古すぎ。

.
0926

プラザ合資そのものが偶然誘発された事故でも事件でもなんでもなく
日米政府が事前に示し合わせて共同為替操作をやるっていう公開操作なのに
プラザ合意みたいなことが起きたら為替が動くからFXは危険とかアホすぎでしょ
金融ショックや地震・津波が起きたら為替が急激に動くからFXは危険って言うなら
まったくその通りだしレバレッジ規制の変更は必要だと思うけど
「日米政府がまたプラザ合意みたいな協調為替操作をしたら為替が動くから危険
ってのはそりゃあたり前のことだし、むしろ為替操作をやらなきゃいいだけの話だお
いずれにしても議論のスタート時点でプラザ合意の期間を計算に入れるのがおかしい。

プラザ合意のあった1985年なんてそれすでに現代じゃなくて近代の話だおね。
日本の銀行の預金金利が5%とか6%とかあったころに新興国時代のお話です。
日本の高度成長期の為替変動率を基礎にして将来の為替変動率を予測して
高齢化と経済低成長時代の制度を決めるってのは完全にキチガイの発想でそ(゚д゚)、ペッ
明治時代や大正時代のデータを基に日本の法律を作ろうといってるのと同じくらいバカ
記事を書いた日経の記者は自分が何を書いたのか理解する能力がないキチガイでそ
そもそも現代の為替は70~140円以内に限定された極めて低いボラティリティの時代なんで
ドル円が250円時代の為替のボラティリティを一緒に足して平均値を出すって究極のアホ
例えていうならまったく売買単位が異なるライブドアと任天堂の株価を足して
平均株価を算定してるのと同じくらい意味のないバカな計算だと思うおね(`・ω・´)

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 その1


コメントを残す