我が家の上半期の生活費公表(過去5年間との比較)

今期、上半期の生活費をまとめてみました。

無題

※通信費はプロバイダ料金、スマホと携帯は計4台
※生活費には、医療費、被服費、子ども費、雑費を含む
※小遣いについては独立採算制のため未計上

1円単位で厳密に管理しているように見えますが、実際のところはそうでもなかったりもします。あまり神経質になる必要もないと思っているので、数千円の誤差は気にしていません。

通信費(プロバイダ)が予算オーバーとなってしまっていますが、年後半にキャッシュバックの特典を得られる予定なので、一挙に挽回できる算段です。

予算内と予算オーバーの項目が混在していますが、全体を見れば予算消化率は50%未満となっているので、まずまずだと思います。ただ年末にかけて出費が嵩んでくるのが常ですから、前半にある程度の余裕を作っておかないと年間予算の達成は難しいですね。

因みに過去5年間の上半期を比較すると、支出額は最大になってしまっています。
無題22

要因としては、子どもができたことによる生活費の増、特に食費や光熱費が上がっています。また、それ以上にマンション購入による住宅費の増も響いています。保険の見直しをしたり、wifiのプランを変更したりと経費節減に努めていますが、増分を吸収するには至っていません。こればかりは仕方ない部分もありますね。。。

結果を見ると過去5年でもっとも支出が増えてしまっていますが、今のところは収入面も安定しており、黒字家計を継続できています。もちろん油断はできないわけですが投資も継続できていますので、いますぐ動く必要はなさそう。今年は様子見に徹し、来年度の予算編成にはしっかりと今年の「課題」と「反省」を盛り込んでいきたいと思います。

ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 

出典:2020年への資産運用の旅
詳細は引用元へ: 我が家の上半期の生活費公表(過去5年間との比較)


コメントを残す