【10/9】やっとこさ!

こんばんや~。
かぶみです。

今日は月曜日!
…だったんだけど、体育の日でお休み。

あたしは家でのんびりしていたよー。

相場は、23:12現在、日経CFDが20719!
金曜終値比で20円くらいGUに。
んー、結局、明日の朝はどのくらいで始まるんだろう?
わかんないなぁ~。

ちなみに、アメリカもコロンブスデーで祝日なんだけど、ニューヨーク市場は開いています。
でも、出来高は少ないだろうし、あんまり大きな動きにはならないかと。

米国債も、ゴールドも、そんなに大きな動きはしていないし、結局、雇用統計天井(底)になるのかどうか、わかんにゃい…。

SQは高値で決まりそうな気がするんだけどなー。

明日はいよいよ衆議院選の公示だねー。

小池さんが希望の党を立ち上げたと思ったら、民進党がなくなっちゃって…と思ったら、立憲民主党ができて、なにがなんだかよくわからないことになっているけど、いったいどうなるんだろうねー?

まー、どこを支持する、支持しない、みたいな話は、人それぞれ考えがあるだろうし、選挙前なのでやめておくけど…

選挙結果がどうなるかだけを客観的に分析すると…
衆議院選挙の小選挙区っていうのは、一番強い一人が総取りする制度だから、野党が分裂しちゃった今、自民党が有利なんじゃないかなぁ?って思ってしまいます。

今までの衆議院選の自民党の得票数(小選挙区+比例区)を見てみると…

1996年 4004万票
2000年 4188万票
2003年 4674万票
2005年 5840万票
2009年 4611万票
2012年 4226万票
2014年 4312万票

2005年の小泉首相の郵政解散の時だけは5840万票とぴょんと多くなっているけど、他はずーーーっと4000~4500万票くらいで横ばいなんだよー。
これって、結局、「なにがあっても自民党に入れる」って人がそのくらいの数だけいる、ってこと。

野党が勝つためには、自民党のこの固定票を上回らなきゃいけないんだよね。
しかも、1党だけで!
(小選挙区は勝った一者が総取りだから)
今の状況だと、それはかなり厳しいんじゃないかと…

なんとなく、今の状況って、維新の党が出てきて野党の票がばらけてしまって、結果、自民党が大勝してしまった2012年に似ているような…。
小池フィーバーって言っているけど、フタを開けてみると…ってことになりそうな…。
(そうならないために、野党共闘を模索していたはずなんだけど、今はまーーったく逆に野党が分裂しているからねぇ)

まー、選挙はミズモノだからわかんないけどね!
小池さんの人気があたしが思っている以上にすごくて、ものすごい票を取るかもしれないし!

さああ、日本株の「選挙ラリー」はあるのか??

2012年に似ている…ってことを書いたけど、その年はアベノミクス相場がはじまった年…
もしかしたら…

ではでは、今日はこのへんで。

おやすみなさーい。

出典:かぶみのトホホ株日記
詳細は引用元へ: 【10/9】やっとこさ!


コメントを残す