DMMグループが仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を2018年1月スタート

DMMグループが仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を2018年1月スタート。
1/11(木)から口座開設申込の受付をスタート
2017/12/20 15:48
「DMM Bitcoin」は、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日付けで株式会社DMM Bitcoinに商号変更し、新システムのサービスを提供するもの。
「DMM Bitcoin」で取引できる仮想通貨は7種類。現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能となります。レバレッジは5倍固定。レバレッジ取引とは、証拠金の何倍もの金額を取引できるしくみ。たとえば、5倍のレバレッジを効かせた取引では、儲けも損も5倍になります。儲かった場合は良いのですが、損をした場合は証拠金では不足額が出てしまうことも。不足額は即入金する必要があります。うまくいけばうまみが大きいものの、損をした時のダメージも大きい、ハイリスク・ハイリターンの取引となります。
「DMM Bitcoin」では、証拠金維持率が80%を下回った時点で、未約定注文を取消後、証拠金維持率が80%まで回復しない場合は全てのポジションが強制決済されます。
取引ツールは、DMM.com証券の「DMM FX」で提供している取引ツールと同様な視認性と機能を提供するとのこと。取引ツールはPC版とスマホアプリ版が用意されます。また、24時間365日での利用者サポートもあり、各種手数料が無料など充実したサービスを提供するとのこと。
1224
DMMも仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を1月から開始するようですφ(.. )
1月11日から口座開設の受付を開始するとあるのでけっこう早いですね
1から会社を作ったわけではなく。DMM系の東京ビットコイン取引所という会社を
「DMM Bitcoin」に商号変更して新システムを導入するということのようです

ただしサービスの内容を読んでみるとかなり微妙すぎる・・・(´・ω・`)
現物取引が出来るのはたったの3通貨ペアだけ
その他の通貨ペアはレバレッジ取引しか出来ないというとんでもない欠陥品
正直な感想をいうなら、頭がおかしいとしかいえないような商品ラインナップ(゚д゚)、ペッ
なんでこんなおかしな商品しかないのか理解に苦しむ内容だおね
現物で10通貨ペアくらい取引できるなら十分評価に値すると思うんだけど
ほとんどの通貨ペアでレバレッジの効いた取引しかさせませんってのはキチガイでそ
なんというかキチガイ専用ビットコイン業者って感じだおね(´・ω・`)
残念ながら、一般人がここに口座を作るメリットは一切ないと思います

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: DMMグループが仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を2018年1月スタート


コメントを残す