iPhone旧機種、意図的に減速 アップルに訴訟

iPhone旧機種、意図的に減速 アップルに訴訟
2017/12/23 10:13 
米アップルが集団訴訟(クラスアクション)に直面している。「iPhone」の基本ソフト(OS)の更新により、旧機種の動作速度を意図的に抑えていることを米メディアに認めたため。アップルは「(電池の劣化に伴う不具合の発生を抑えて)顧客に最高の経験を届けるため」と説明しているが、すべての消費者を納得させることはできていない。
報道を受け、イリノイ州の地裁では同州在住のアラ・アブドゥラ氏やランス・ラファエル氏などが訴訟を起こした。ラファエル氏は「『iPhone6』の動作が遅くなり不満に感じて『iPhone7プラス』を買うことになった」と訴状に記した。もしアップルが前もって説明していたら「『6』の電池を交換し、『7プラス』は買わなかった」という。

この件に関してはかなり以前から噂されていたことだおねφ(.. )
アップルは「予期せぬシャットダウンを防ぐために処理速度を意図的に落とした」
と言い訳してるようだけど、はたしてそれでユーザーが納得するんでしょうか
まずはその予期せぬシャットダウンする頻度とやらの数字を開示しないとね
もし100万人に10人に予期せぬシャットダウンリスクとやらが発生するって事なら
アップルが新作iPhoneの売上げを増やすためにOSを改悪してたって実証されます

ちょっと前まではアップルももう少しましな会社かなとおもってたけど
新作iPhone売りたいがためにここまで姑息なことし出すと迷走しすぎだおね
ユーザーに集団訴訟起こされてる時点でどう転んでもいい結果になりません(´・ω・`)
なにを目的にしてるのか、なにをしたいんだかよくわからない会社になってきたお

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: iPhone旧機種、意図的に減速 アップルに訴訟


コメントを残す