このIRがすごい!上場企業2017(後編)

誰かが言った。IRは文学であると。
このIRがすごい!上場企業2017(前編)のつづき)

★★★★ガイアックス
本日の日経新聞電子版の報道について(2017/10/02)

受賞記事

<寸評>
ガイアックスの上田祐司社長が住居侵入の容疑で逮捕。
原因は夫婦喧嘩。妻が子供を連れて実家に逃げ帰り、社長が連れ戻しに行った際に警察に通報される。
上場企業トップの逮捕は、オンリーの社長が酒に酔って祇園で通行人を暴行して以来2年ぶり。
結局、被害届は取り下げられて6ヶ月間の役員報酬辞退で収束。

上田家の食卓の空気は現在どのような感じになっているのでしょうか。

★★★★サカイ引越しセンター
お詫び(2017/09/28)

受賞記事

<寸評>

引越のサカイの古参のバイト社員が正社員をボコボコにする様子を週刊新潮がスクープ。
なるほど、イメージキャラクターのパンダの意味は就職したらパンダのように痣ができるって意味だったのですね。少し違うようです、すみません。
昔バイトして殴られた蹴られたといった引越し業界あるあるコメントが飛び交う中、サカイ引越しセンターはご心配をおかけしたとお詫び。
改めて社員教育(物理)を徹底されるそうです。少し違うようです、すみません。

★★★★ロゼッタ
平成30年2月期第2四半期累計期間(連結・個別)業績予想の修正に関するお知らせ(2017/10/04)

受賞記事

<寸評>

翻訳屋のロゼッタが業績を下方修正。
その理由として「従来の想定をはるかに超えて突然かつ急激な産業革命的パラダイムシフトが起こりつつある」と説明。
AIで消える仕事を想起させて致命的だよねという雰囲気に。
これは流石に不味いと思ったのか、白旗宣言から2週間後に機械翻訳の開発において飛躍的なブレークスルーがあったと報告。
無理矢理ひねり出したような空気が漂う中、飛躍的なブレークスルーという文言をGoogle翻訳すると「Breakthrough breakthrough」になることが判明。
本当に大丈夫なのかと市場参加者から
笑いと同情の声。

★★★★神戸製鋼
アルミ・銅製品の一部に関する不適切な行為について(2017/10/09)

受賞記事

<寸評>

神戸製鋼で池井戸潤の「七つの会議」がリアルで開かれていたようです。
2017年もメイド・イン・ジャパンの偽装や隠蔽がマーケットを賑わすことに。
乗らないと、このビッグウェーブに。
言うなら今のうちという流れで、日産自動車、SUBARU、三菱マテリアル、東レが次々と不正を表明。
お陰で東証の留置場はもういっぱいです。


a02

神戸製鋼版「七つの会議」は執行役員3人が不正行為を認識していたと発表し、今後泣く子も黙る米司法省も登場予定の展開に乞うご期待。


★★★青森銀行
新株式発行及び株式売出しの中止に関するお知らせ(2017/10/11)

受賞記事

<寸評>

公募増資と株式売出しを進めていた青森銀行から中止のお知らせ。
事前に情報が漏れていた疑いが浮上。
インサイダー取引の疑惑での中止はダイトエレクトロン以来11年ぶり。
ちなみに主幹事証券は野村證券でした。
野村證券は5年前に国際石油開発帝石で増資インサイダーの実績があります。
俄然期待感が高まります。

★★★★SBIホールディングス
SBIクリプトカレンシーホールディングス設立~仮想通貨を基盤とする金融生態系の構築(2017/10/27)

受賞記事

<寸評>

北尾吉孝社長、決算説明会にて仮想通貨への取り組み内容を発表。
その中でビットコイン考案者で謎の人物であるサトシ・ナカモトと実際に会って議論したと力説。
「頭おかしくなったか、嘘を言っているか、誰かに騙されてるか、本当に辿り着いたのかのどれだろう」
1番目と3番目の両方じゃないですかね。
株式市場から仮想通貨界隈まで広範囲に渡って笑いを振りまきました。

★★★★★ニチイ学館
弊社子会社元社員の逮捕に関するお知らせ (2017/11/14)

受賞記事

<寸評>

本日、元社員がご入居者様を殺害した容疑で逮捕されました。
短い文章ですが強烈な印象を与えてくれます。
どんな理由であれ殺しちゃったら駄目ですが、介護業界の労働環境を危惧する意見も多数。
「こういう事件が起きるたびに介護職員の待遇や給与を問題の本質かのように指摘されますが、問題の本質は本人の適性であって適性の無い人間でも雇わなきゃならない環境に介護業界があるというのが問題だ」という意見に心が痛みます。

★★★★JPホールディングス
第三者委員会の調査報告書(要点版)(2017/11/17)

受賞記事

<寸評>

会社の代表権を巡って訴えられた創業者も、訴えた現社長もセクハラ・パワハラをしていましたと第三者委員会に暴露されるの巻。
創業者は万札風呂みたいな写真まで流出。
偶然にも新旧代表は大和証券出身。
これもまた争いは同じレベルの者同士でしか発生しない案件ということでしょうか。
紹介が遅れましたが、このJPホールディングスの事業は郵便局とは関係ありません。
子供を預かる保育所の会社の話です。

★★★王将フードサービス
大阪王将「羽根つき餃子」「水餃子」CMについて(2017/10/27)

受賞記事

<寸評>

大阪王将が下品なCMを放送。
その煽りを受けて社名も業態も似ている餃子の王将へ苦情が殺到。
たまらず王将フードサービスが資本関係も業務提携関係もないし全く無関係の類似会社であり混同しないでとお願いのプレスリリース。
思い切ってどちらかが王将を譲れば良いのですがその気配すらありません。
両社の違いは、
「社長が殺された方が餃子の王将でそうでない方が大阪王将」
「社長がマネーの虎に出てた方が大阪王将でそうでないほうが餃子の王将」
という覚え方が最適かと思われます。

★★★★グッドコムアセット / 北の達人コーポレーション / エコノス
社外取締役の辞任に関するお知らせ(2017/12/04~2017/12/05)

受賞記事

<寸評>

弁護士の杉山央さんがタクシー車内で大暴れ。
ドライブレコーダーに撮影されたその勇ましい姿が地上波に流れて話題に。
そして、上場企業3社で務めていた社外取締役を一身上の都合により辞任へ。
杉山央さんは罰金30万円を即納しましたが、辛い年の瀬となりました。

★★★★ピーシーデポコーポレーション
本日のデジタルメディア上の報道に関して(2017/12/06)

受賞記事

<寸評>

PCデポの高齢者をカモにする高額解約金商法がSNS上で再燃。
調査を行った結果、契約・早期解約において正規の対応が確認できたと火消しIRで火に油を注ぐ格好に。
「解約の現場で店長クラスの人間でも説明できない契約内容と解約料ってのがそもそもおかしい」
「ここの経営陣はお客様である高齢者とネットで文句言ってくるネット民を完全に区別して考えてる」
「商売の仕方なんて初めから変える気なんてないんだよ」
「株主総会だって社長の独演会で株主から苦情ものらりくらすかわしてなにも答えない」
「消費者庁の元長官を天下りで迎えて消費者センターを抑え込みやりたい放題」
このような辛辣な意見が大半ですし、そろそろワタミ方式で店舗の名前をガラッと変更しては如何でしょうか。
マハーポーシャとかどうですか。

★★★岩井コスモホールディングス
岩井コスモ証券株式会社 証券取引等監視委員会による勧告について(2017/12/12)

受賞記事

<寸評>

他社がレーティングを出さない銘柄にわざわざ出してくることで有名な岩井コスモ証券が、公表前のレーティング・目標株価を顧客に漏らして営業していた件で証券取引等監視委員会により勧告。
過去11年にわたり、公表前にアナリスト・レポートのに記載される銘柄のレーティングや目標株価等の情報を社内放送や社内イントラネット等を通じて全営業員に伝達・周知し、営業員が顧客に当該情報を用いた勧誘を行うことを容認していたことが判明。
うん知ってた。そうだと思った。
多くの市場参加者にもその悪評は届いていたようで、ようやくかとの声も。

★★★日本ハム
連結子会社における特別利益の発生に関するお知らせ(2017/12/15)

受賞記事

<寸評>

日本ハムが大谷翔平さんの移籍金で22億8千万円の特別利益。
野球選手の名前が記載された特別利益のIRとしては、ダルビッシュ有さんの40億円以来約6年ぶり。
次は入れ替わりで上手く獲得できた清宮幸太郎さんでしょうか。
ところで加工に失敗した早稲田実業の先輩・斎藤佑樹さんは残念な結果となりましたが、清宮さんは本当に大丈夫なのでしょうか。

★★★★キムラタン
「黒字化計画 2018-2019」策定のお知らせ(2017/12/25)

受賞記事

<寸評>

3期連続赤字が必至のキムラタンが「黒字化計画 2018-2019」という中期経営計画を策定。
中期経営計画といえば、
乾汽船「はじめての中期経営計画~今を生きる、明日を生きる~」
福島銀行「ふくぎん 本気(マジ)宣言Ⅱ」
コーナン商事「~大好きや!!コーナン2017~」
昭和ホールディングス「アクセルプラン2015「加速・ギア2」」
といった面白タイトルをまず思い出してしまいがちですが、
キムラタンのそれは「私自身の禊から始めたい」「従業員にも賞与等を我慢して貰い」「次はないことを肝に銘じ不退転の覚悟」と悲壮感が漂っています。
こんな風に応援している子育て世代の方もおりますので最後まで諦めずに頑張ってください。

a02

★★★★ミクシィ
特別損失の発生および業績予想の修正に関するお知らせ(2017/12/27)

受賞記事

<寸評>

チケットキャンプの商標法・不正競争防止法違反でmixi子会社のフンザに家宅捜索。
ジャニーズ事務所の逆鱗に触れた結果、チケットキャンプはあっという間に閉鎖へ。
フンザの買収に費やした115億円は2年8ヶ月で75億円の特別損失に変貌。
その後、チケットキャンプ自らが「転売する目的で得たチケットを出品してはならない」という規約を破って大口の転売業者の出品手数料をゼロにしていたことが判明。
何やら反社会的勢力のシノギに加担していたような気配に。
さっさと潰して逃げ切り態勢に入って良かったじゃん。

★★★★★レオパレス21

一部報道について(2017/12/27)

受賞記事

<寸評>

許永中さんと折口雅博さんが出演するということで話題となったガイアの夜明け特番。
この番組で損な役回りを演じたのは、レオパレス銀座と社内メールの騙し討ちを被ったレオパレス21と深山英世社長でした。
おまけに放送中の夜間取引市場にマーケットから「893板」の辱めを受ける始末。
腹の虫が収まらないレオパレス21はテレビ東京に対して「厳重に抗議及び訂正を求める方針で準備」と怒りのプレスリリース。
ところでガイアの夜明け砲を浴びたばかりの深山英世社長、テレビ東京にはカンブリア宮殿という神輿を担いでくれる番組がありますよ。

出典:市況かぶ全力2階建
詳細は引用元へ: このIRがすごい!上場企業2017(後編)


コメントを残す