GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始

GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始
2017年12月20日 18:52
GMOインターネット株式会社は20日、欧州法人を通じて仮想通貨のマイニング事業を開始した。北欧に設置したマイニングセンターにて、既存のマイニング用機器を用いて行う。今後は段階的に機器を投入し、事業を拡大する予定。半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究・開発も行う。これを用いた次世代マイニングボードによるマイニングの稼働を2018年上半期に開始する予定。一定の稼働を経て、クラウドマイニングや、マイニングチップを搭載した「次世代マイニングボード」の販売などにも順次取り組む予定。

0105

DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設
2018年1月4日
DMMが仮想通貨マイニングに利用する機械について研究するための「DMMマイニングラボ」を新設したことを発表した。この他、大手のメーカーとも協力体制の構築を進めており、まだ発売される前のマシンのサンプル試用も行う準備をしているとのことだ。
DMMは昨年にマイニング事業への参入を発表しており、2017年の9月8日に仮想通貨事業部を発足。 2018年度中にトップ10に入る規模のマイニングファームを目指す「DMM POOL」や一般ユーザーが資金を投じて参加できるクラウドサービスの展開などについての構想を発表していた。

9月8日にGMOとDMMが同日にビットコインのマイニング(採掘)事業に参入すると
発表してから4ヶ月が経ちましたが、両社の差は歴然と明らかになりました(´・ω・`)

GMOはすでにマイニング事業の半導体を設計・製造に着手までが完了していて
わずか3ヵ月後の12月20日には北欧でマイニング事業を開始したようですΣ(・ω・ノ)ノ
しかも2018年上半期には最先端の半導体チップを開発してこれを導入予定のようです
あまりにも早いので少し驚きました。
おそらくGMOは1年以上前からすでにマイニングの研究をやってたってことでそ
一方のDMMはようやくマイニングの研究所を作っただけのようですφ(.. )
実際に半導体を設計・開発してマイニング事業用の土地や建物を用意するとなると
DMMが実際にマイニング事業に参入して採掘を開始するのは1年以上先の話でそ。

仮想通貨はたった1年で10倍~100倍に変動してしまう激しい世界なので
逆にいえば1年後に価格が半分に下がっていてもおかしくないともいえます
つまり先行者メリットがとにかく高くて、遅いほどめちゃくちゃ不利ってことだお。
DMMの参入が1年以上遅れるってのはかなり致命的なミスになるでそね
ぶっちゃけ両社の勝負はすでに着いたといっても過言じゃないでそう
(1年遅れるってことは10周以上遅れるってのと同じくらいの意味になるので)

日経の10/18記事ではシェア6%を確保できると年間250億円の売上げって書かれてたけど
その後仮想通貨全般が一気に高騰したんで数字がぜんぜん違ってるんだおね
日経の11/21の記事だとシェア10%を確保できたら売上高600億円、営業利益300億円
数字が上方修正されててまったく違う数字になってんだおねΣ(・ω・ノ)ノ
ちなみに11/21のビットコインの時価が90万円だったので
もし2018年のビットコインの価格が平均180万円以上で推移するようなことがあれば
シェア10%確保できると推定で売上高800~1200億円営業利益450~600億円という
とんでもなく驚異的な数字を算出できる可能性があるわけですφ(.. )

もちろんこの数字はしょせん机上の計算なんであくまでただの推定なんだけど
潜在的な成長力や爆発力が秘められてるってことはあるってことだお
GMOは先行投資で380億円投資したって日経の記事に書いてあるけど
計算上では1~1.5年で回収できる可能性もあるわけだからそりゃ期待されるのも当然
一番の追い風は中国政府が仮想通貨に対して規制を強化していること
中国政府は国内の仮想通貨取引所をすべて規制して2017年内に全廃させました。
当然これからは仮想通貨のマイニング会社にも規制を強化する可能性があるってこと
中国の企業がマイニング業界のシェア50%をほぼ独占してるわけだけど
もし中国政府がこれを規制するとその他の会社にビッグチャンスがやってきます
しかも仮想通貨の価格自体はいまも上昇傾向なのでW追い風ってことだおね

SBI(8473) 2697円 -113円 (-4.0%)
時価総額6056億円

リップルが85円のころに含み益6000億円って記事に書かれてたので
現在の含み益は1兆8000億円~2兆4000億円あたりで動いてる感じでそうφ(.. )
ただしSBIに限らず含み益ってあんまり株価に正しく反映されないことが多いんで
SBIの時価総額が2~3兆円に上る可能性はほぼないとおもいます
ただしもうすぐSBIバーチャルカレンシーという仮想通貨事業も開始予定だし
リップルの提携や事業化のネタも追加投入される可能性が非常に高いので
今後もしばらくは株価が上昇基調で5000円になってもおかしくはないでそう

セレス(3696) 2760円 +25円 (+0.9%)

時価総額311億円
1500円で購入して2200~2300円で全部売ってしまいました(´;ω;`)ブワッ
時価総額が小さいしなにより流通してる株数が少ないので上りやすいという特徴あり。
ちょっとした勢いさえあれば株価2倍くらい入ってもおかしくないだろうけど
決算が出たら折込済みで下がるだろってのがぼくちんの予想です

GMOインターネット(9449) 1997円 +26円 (+1.3%)
時価総額2298億円

本当の意味でのビットコインの本命銘柄はここでそう
上昇率でいったら小型株のセレスの方が明らかに勝ちそうな気がするけど
営業利益が+300億円くらいを期待してアホールドしてみるのはありでそうφ(.. )
もしマイニング事業が本当に金鉱を掘り当てたら株価が飛ぶでそね

2017年12月19日
SBI株に「60億リップル」の思惑 時価総額超えのねじれ


2017年12月09日
GMOインターネットとマイニング事業

2017年12月03日
サイバー、セレスに7億円出資 仮想通貨事業を拡大

2017年11月29日
「bitFlyer」がアメリカ進出、42州でサービス提供へ

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始


コメントを残す