靴業界、「ブーツが売れない」と嘆く

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DK] 2018/01/08(月) 15:27:52.13 ID:X5w/2p4R0
img_7aa0490a4be044ff444e182e2353361c194325「大きな流行の波は一巡して、ブーツの売り上げは下がり続けていますよ」。こう語るのはある靴専門店の幹部だ。

真冬の女性ファッションの定番だったブーツが、”過去のもの”となりつつある。通勤用やフォーマルな行事向けに一定の買い替え需要が見込める紳士靴やパンプスに比べ、ブーツの売れ行きは流行に左右されやすい。

店頭のブーツは減っている

1990年代後半から2000年代にかけては、20~30代の女性を中心にロングブーツが絶大な人気を誇り、ミニスカートやショートパンツと合わせて履くニーハイブーツもヒット。2010年ごろになると「UGG(アグ)」を筆頭とするムートンブーツが幅広い世代の支持を受けた。

だが、数年が経つとそれらのブームも次第に落ち着いていった。その後もショートブーツなどの流行商品は出てきたが、かつての勢いを取り戻すには至っていない。

ASBee(アスビー)などの靴販売店を展開するジーフットの営業商品企画本部に所属する渡辺雅則氏は「今はさまざまなスタイルのブーツが出ているが、かつてのような『ブームはこれ』という商品がない。ロングブーツのアイテム数を絞るなど、店頭に並べるブーツの比率は減らしている」と話す。

http://toyokeizai.net/articles/-/202703

2: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [JP] 2018/01/08(月) 15:28:10.94 ID:taQllCqi0
においがこもる


続きを読む

出典:マネーニュース2ch
詳細は引用元へ: 靴業界、「ブーツが売れない」と嘆く


コメントを残す