コスト競争に敗れて淘汰されるインデックスファンドが出てくるとしたらそれは良いこと

sansiro_match

つみたてNISAへ向けてインデックスファンドの価格競争が進みました。

ニッセイアセットマネジメントが<購入・換金手数料なし>シリーズで仕掛け,アセットマネジメントOneはたわらノーロードシリーズを出し,大和はiFreeシリーズを出し……
そこへ,最安水準を維持すると明記したeMAXIS Slimシリーズが三菱UFJ国際投信から登場……となっています。他には楽天バンガードシリーズなんてのも出てきました。

このような熾烈なコスト競争が行われていると,顧客獲得競争に敗れたファンドは採算が合わなくなってしまって撤退(償還)されてしまうのではないか,という危惧もあります。

しかし,これは問題ではなくて良いことでしょう。

続きを読む

出典:吊られた男の投資ブログ
詳細は引用元へ: コスト競争に敗れて淘汰されるインデックスファンドが出てくるとしたらそれは良いこと


コメントを残す