メルカリ 6月にも東証マザーズ上場へ 時価総額が2000億円を超える可能性

1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 09:52:54.60 ID:CAP_USER9
個人が中古品を売買するフリマアプリを運営する「メルカリ」が、ことし6月にも東京証券取引所のマザーズ市場に株式を上場する見通しになったことがわかりました。時価総額が2000億円を超える可能性があり、ことしに入って最大規模の上場になる見込みです。

関係者によりますと、フリマアプリ大手の「メルカリ」は、東京証券取引所の審査にめどがつき、ことし6月にも、新興企業向けのマザーズ市場に株式を上場する見通しになりました。実現すれば時価総額が2000億円を超える可能性があり、ことしに入って最大の上場になる見込みです。

5年前に創業した「メルカリ」は、個人どうしが中古品を売買するフリーマーケットアプリをいち早く手がけ、国内のダウンロード件数が7000万を超えるなど、急成長しています。

現金など、不適切な出品が相次いだこともあって東証の審査が長引いていましたが、会社側が出品者の本人確認を強化する対策などを進めたことから、上場にめどが立ちました。

時価総額が1000億円規模に上る上場していない有望なベンチャー企業は、海外ではその珍しさから「ユニコーン企業」とも呼ばれています。「メルカリ」は国内で数少ない「ユニコーン企業」とされ、上場で得られる潤沢な資金を海外での新たなサービス展開に充て、グローバル化を進めるものと見られます。

4月18日 2時02分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011407521000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

4: 名無しさん@1周年 2018/04/18(水) 09:54:26.52 ID:c2LkcHFs0
闇市場


続きを読む

出典:マネーニュース2ch
詳細は引用元へ: メルカリ 6月にも東証マザーズ上場へ 時価総額が2000億円を超える可能性


コメントを残す