リコー、過去最大の1353億円赤字 ペーパーレス化についていけず

1: ガーディス ★ 2018/04/28(土) 00:02:05.57 ID:CAP_USER9
20180427-00000126-asahi-000-6-viewリコーの純損益は過去最大の赤字に

複写機大手リコーが27日発表した2018年3月期決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業損益が1156億円の赤字(前年は338億円の黒字)、純損益は1353億円の赤字(同34億円の黒字)だった。いずれも過去最大の赤字で、6年ぶりの赤字転落となった。低迷する北米事業で1759億円の減損処理をしたのが響いた。

08年に約1700億円で買収した米国の販売会社や、14年に約170億円で買収した米IT会社について減損処理に踏み切った。北米でペーパーレス化が進んで需要が伸び悩み、競合他社との競争も激化。想定した収益を見込めなくなったためだ。経費削減策として、北米で営業職を地元の販売会社に移すなど全世界で計8千人規模の人員削減も実施した。

ただ、スマートフォンやタブレット端末の普及で、ペーパーレス化は今後も進む見通しだ。リコーは売上高の約8割を複合機などのオフィス向け機器で稼ぎ、同業他社より複合機への依存度が大きい。ペーパーレス化の影響は大きく、再び成長軌道に乗せるのは容易ではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000126-asahi-bus_all

9: 名無しさん@1周年 2018/04/28(土) 00:05:39.77
毎月1枚A4を印刷して提出する以外は、ここ2年ほど印刷した覚えがない


続きを読む

出典:マネーニュース2ch
詳細は引用元へ: リコー、過去最大の1353億円赤字 ペーパーレス化についていけず


コメントを残す