新生銀、ATM有料に 10月にも一律108円

新生銀、ATM有料に 10月にも一律108円
2018/5/1 20:00 日本経済新聞 電子版
新生銀行が2001年以来掲げてきた「ATM無料」の旗を降ろす。10月にも有料化し、利用者から1回の現金引き出しにつき、108円受け取る。日銀のマイナス金利政策などで収益を圧迫される中、新生銀の顧客が他行のATMを使った場合に生じる手数料を負担するコストを減らす。ネット取引や電子マネーの普及に伴い、「ATM無料」の魅力が薄れてきた面もある。今回有料にする「スタンダード口座」は、約100万口座(休眠口座などをのぞく)。利用時間や、使うATMの種類を問わず、出金1回につき、一律で108円の利用料をとる。
新生銀のグループ会社が発行するプリペイドカードにチャージしたり、住宅ローンを借りたりするなどの条件を満たした場合、今後も手数料を無料にする。
ここに来て手数料を有料化する背景にあるのはマイナス金利などによる収益環境の悪化だ。稼げる分野に経営資源を振り向けるよう見直している。新生銀は昨年、合理化の一環で自社ATMをなくし、すべてセブン銀行のATMに切り替えた。
三菱UFJ銀行は3月、一部の利用客を対象にコンビニATMで現金を引き出す際に無料とする回数を月3回から2回に減らしたほか、三井住友銀行も昨年10月、手数料を無料にする優遇策を月4回から3回までに減らした。ふくおかフィナンシャルグループの傘下行は一部顧客への優遇策として月3回もしくは無制限としていたコンビニATMを無料で使える回数を5月半ばから、取引内容に応じ月1~3回に減らす。
※メールアドレスを登録すると全文読めるようです。

大手3行 ATM共通化を検討 現金取引の縮小を想定 
2018.5.11 22:59
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の大手3行が現金自動預払機(ATM)の開発や管理を共通化する検討に入ったことが11日、分かった。ITの進展でインターネットを通じた送金などが普及し、現金取引は縮小すると予想。超低金利の続く厳しい経営環境に対応し、ATM業務を合理化して開発・維持コストを減らす。
0513

新生銀行が2001年以来ずっと続けていたATM手数料無料を廃止するようです
今まで無料だったのが、時間に関係なくすべて1回あたり108円の手数料だから
これまで利用してた新生銀行のユーザーからしたら相当な改悪でそう(´;ω;`)
まあ新生銀行はいままで散々無理して無料を継続してきたんだから
せめてもう少し段階的な改悪がよかったんじゃないかとおもうんだけどね

そしてその他のメガバンクでもATMの共有化をこれから検討していくようです
これからキャッシュレスが進めばいずれカードかスマホだけで十分だろうし
そもそもATMなんてそこまで独自仕様の作りこみをする意味ってあんまないおね。
いまだにカードじゃなくて通帳で入出金してるようなアホな年寄りに合わせて
わざわざATMの仕様を複雑に作りこむなんてほとんど無意味ってのもあるでそう
ATMなんて24時間動いてて最低限の入出金と振込みさえできたらOKだと思うお

ちなみに個人的に一番便利で使えるのはセブン銀行一択打と思いますφ(.. )
セブンイレブンならどこでも近所にあるし、わざわざ駅前まで行く必要もない。
メガバンクだとある程度の繁華街まで行かないとATMなんてないしね
新生銀行なんてそもそも店舗が少ないからまったく利用価値もないでそ

セブン銀行の一番いいとこは、使いやすい場所に常にあるってことかな(´∀`*)
平日昼間なら手数料ないし、夜間ぐらいならサービスの対価として払ってやれよと。
あとセブン銀行同士だと振り込み手数料が安いんで
このセブン銀行が世の中的にもっと普及するとすごく便利なきがするんだおね

0515

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: 新生銀、ATM有料に 10月にも一律108円


コメントを残す