SBI、仮想通貨の交換参入 手数料最低水準めざす

SBI、仮想通貨の交換参入 手数料最低水準めざす
2018/6/4 2:00 日経電子版
SBIホールディングスは仮想通貨の交換事業に参入する。4日から営業を始める。手数料の一つで、仮想通貨の販売時に上乗せするスプレッド(利ざや)については業界最低水準を目指し、利用者を増やす。SBIはインターネット証券の国内最大手で400万超の口座を持つ。こうした顧客基盤を持つ大手の参入で、手数料引き下げなど競争が活発化しそうだ。
傘下のSBIバーチャル・カレンシーズ(東京・港)が、まず口座を開設済みの2万人強の顧客を対象にサービスを始め、7月から一般向けに口座開設を受け付ける。当初は代表的な仮想通貨の一つであるリップルを扱い、その後ビットコインなどに広げる予定だ。
仮想通貨の国内の交換事業は現在、15社程度が手がける。顧客同士の売買をつけあわせる「仲介」と会社が自ら仕入れた在庫を販売する「販売」の2つの業務があり、SBIは販売に参入する。
交換会社の主な収益源は販売だが、現在はスプレッドが1回の取引額に対して3~5%前後かかる。主要通貨では1%未満の外国為替証拠金(FX)取引などと比べて高すぎるとの声もある。SBIは早期に業界最低水準に引き下げる計画だ。
0604

SBIが6月4日から仮想通貨交換業を開始するようですφ(.. )
6月中はすでに口座開設済みの2万人しか取引できないようなのでけっこうしょぼい感じ
(この2万人の先行者がいわば生贄っていうかテスター役ってことでそう)
一般向けの口座開設の受付開始は、どうやら7月以降のようなので
今から新規で口座開設しようって人は結局1ヶ月待たなきゃいけないとかちょっとなあ

もともとは2019年1月から取引開始できるって言ってたわけだから
いろんな意味で遅いというか、さすがにちょっと時間かけすぎの気もします(´・ω・`)
安全のためには仕方のないことだけど、そんなこと最初からわかってたことだし

SBIは今回、自社で仕入れた仮想通貨をお客に売る販売業だけへの参入のようです
顧客同士の注文を板形式にしてぶつけ合わせて約定させる仲介業はしないみたい。
てっきり仲介業メインだと思ってたので個人的には期待ハズレ感があるお

将来的にはいずれやるんだろうけどしばらくはお試しって感じかΣ(・ω・ノ)ノ

しかしサービス開始当初はリップルしか売買できないってのはちょっと欠陥気味
これじゃ仮想通貨取引所じゃなくてリップル限定取引所だおね(´・ω・`)
通貨ペアもそろわないうちに突貫工事でようやくサービス開始になったんだろうけど
プレオープンって言うか、ぶっちゃけ見切り発車感は否めないにょ(σ´∀`)σ

SBIはリップルをたしかかなり安い価格で仕込んでるので時価総額は数千億円単位
今回の仮想通貨取引所ではそのリップルの在庫をお客に売りたいってことなんでそ。
たぶん0.5円くらいで仕込んでそうなんで70~80円で売れたら120~150倍の利益
ある意味ベンチャーキャピタルが上場前に仕込んでた玉を上場して売ってるようなもの。
そう考えるとそーとー美味しい商売してるのは間違いないでしょうφ(.. )

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: SBI、仮想通貨の交換参入 手数料最低水準めざす


コメントを残す