【高プロ】安倍首相「非正規という言葉を一掃していく法制度が制定された」経団連は早くも次の規制緩和に期待…

「(戦後の労働基準法制定以来)70年ぶりの大改革だ。長時間労働を是正し、非正規という言葉を一掃していく法制度が制定された」。働き方改革関連法の成立を受け、安倍首相は29日、記者団に胸を張った。「最重要」の法成立に、首相周辺は「何とか乗り切った。一段落だ」と息をついた。

株高や雇用改善を政権の支えとする首相にとって、働き方を多様にするとした今回の改革は、人手不足や非効率を解消して経済成長を図るアベノミクスの一環でもあった。「成長戦略に必要。是が非でも成立させないといけない」(官邸幹部)と「働き方改革国会」と銘打ってまで政権の最優先課題にすえた。

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000003-asahi-pol

4.

雇い方改革に言い方を変えればいいのに

8.

小さく生んで
大きく育てる

世に受け入れられにくそうな政策を実現するいつもの手

57.

>>8この卑怯でせこいやり方は本当に日本らしい

88.

>>57だな。

9.

次の規制緩和は「中国・韓国の日本へのパスポートなしの入国・移民政策」

10.

非正規奴隷の働かせ方改革かw

11.

正社員と非正規では
ボーナスや解雇規制など違いが多い
早くも国民の意思を反映するべきだと思う

12.

経団連は無能

61.

>>12いや、

かなりの頭脳犯だな
日本ももうすぐ終わる

67.

>>12国を発展させられるか、産業を進化できるかという点では完全な無能
自分たちの既得権を守る事においては姑息で鬼畜

15.

金銭解雇を早めに法制化してほしい

中小企業は事実上解雇してるのに労働者保護がないのをなんとかすべき
(金銭解雇が法令で可となる≒解雇されたときの補填請求がほぼ無条件に裁判上で認められる)

25.

>>15なら解雇するときに金銭を払わなくてよい抜け道を弁護士雇って探すだけだろう
企業ってそういうもんだから

45.

>>15認められないよ。

金銭解雇で問題になってるのって、
解雇された労働者のうちごく一部が裁判で地位回復を求めた時に、
敗訴しても「金銭で解雇」できるようにするための規定だから。

だから、企業が裁判で敗訴した時の規定であって、
裁判をしない勝てない労働者には意味のない規定。

16.

新卒一斉採用やめろや
これは自分達でできるだろうが

18.

>>16新卒一括採用や年功序列制をやめると雇用流動化につながって奴隷が逃げ出すから、経団連は絶対にやめません。
こいつらはいかれた保守主義団体なのです。真っ先に競争原理を入れなきゃいけないのは、実はこの日本の老害経営者団体なのです。

65.

>>18が正解だな

加えて
定年退職者を異常に優遇してる退職金制度
これが社員奴隷化の原因になってる

日本企業がやってるのは競争主義ではなく
奴隷社員主義だ

20.

欲の皮突っ張らせやがって

21.

財界が間もなく日本を滅ぼすから見ていると良い

22.

もう資本主義はいらない

24.

高プロきたら外資の進出ラッシュになるだけ

28.

なんかもうしょうがないのかね この流れは止まらんように思う
共産党政権になったとしても消費税も高プロ制度も止められんのではと

29.

無敵の人は経団連に行って欲しい。
もう長い間待っているけど、中々防備が堅いのかな。

32.

年収250万だから関係ない!
良かった~~~!
お金を稼ぐためには過労死するぐらい働かないとダメですよね(^ ^)

50.

>>32アホだな
250万でも適用は可能なのにw
脱法的なこと駆使すれば100万でも適用可能なの

底が抜けてるんだよ高プロは

33.

これさあ、高プロで過労死したら、残された遺族に経営者を仇討する権利を与えないと
釣り合いがとれないよね
そういう覚悟って、経団連経営者にありますのん?

34.

従業員が過労死したら、遺族に経営者を惨殺する権利を与えないと
社会正義が保てない気がするのよね

35.

勝手に強行採決して既成事実化されるのを防ぐには皆さんが選挙に行って自公を落とさないとだめ。
こういう当たり前のことをしない国民だとやられっぱなし。

74.

>>35恐らく次の選挙も自公の大勝利だ
高プロ(残業代ゼロ法案)も日本国民自らが望んだこと

38.

もう、少子化とまらないし移民だらけになるし守るに値しなくなるし・・・・
経団連は滅亡へと先走ってます

出典:円速 株やFXなど投資系2chまとめ
詳細は引用元へ: 【高プロ】安倍首相「非正規という言葉を一掃していく法制度が制定された」経団連は早くも次の規制緩和に期待…


コメントを残す