ベルギー国民、日本戦に楽勝ムード

日本の勝利「あり得ない」 ベルギー代表は過去最強
(2018/06/30 10:57)
サッカーワールドカップで、日本が次に対戦するベルギーでは日本に勝利するという強気の報道が目立っています。スポーツ紙の記者:「日本の勝利は残念ながらあり得ない。今のベルギーは『黄金の世代』と言われている」地元紙の見出しには、ブラジルと戦う前にベスト8をかけた試合が行われると紹介していて、すでに日本に勝つことを前提にしています。ただ、日本の素早い反撃、カウンター攻撃には注意が必要だという指摘も掲載しています。

ベルギー国民、日本戦に楽勝ムードと一抹の警戒心と
(2018/06/29 11:53)
決勝トーナメント進出を決めた日本の次の相手のベルギーでは早速、「日本に勝つ」と自信満々の声が上がっています。ベルギーはイングランドを1-0で破り、グループGを首位で通過しました。FIFAランキング3位の強豪とあって上位進出への期待が高く、ほとんどの人が日本に勝つと自信を見せています。ベルギー国民:「もちろんベルギーが勝つ。他のチームにないテクニックがあるから」「(Q.日本戦で心配は?)僕らはないけど、君たちは心配したほうがいい」

日本サッカー代表の西野監督の采配について「あーだ」「こーだ」
テレビやtwitterやブログなんかで文句言ったり評価したりしてる人が多いようですが
そもそも最初は「予選落ち間違いなし」とまでみんな呆れて応援もしてなかった訳で
(特にマスコミは監督交代激をかなりボロクソに批判してたんだから)
いまさらしゃしゃり出てきて文句つけるとか頭おかしいんじゃないんでそか

そんなに論評したり批判したりあるいは自分のサッカー論を展開したいなら
せめて3週間前にやりゃ良かっただけのことだおね(゚д゚)、ペッ
いまさら後出しで出てきて上から目線で論評するとかアホとしか言いようがないお

ここで今の日本代表チームの状況とその過去を振り返って考えてみると
今までのW杯では日本は予選突破にすべてを賭けてる状況でしたφ(.. )
逆にいえば、本戦に余力を残しながら戦うという高度な戦略はとれませんでした。
つまり本戦で戦い抜くだけの力も体力もないヘロヘロ状態だったってこと。
しかし今回は予選がもつれた幸運があったことで予選突破の確率が高くなり
結果的に、主力の6人の選手をポーランド戦で休養させる事ができました

言うまでもなくかなりのリスクがあった訳で実際かなり苦しみました(((( ;゚д゚)))
主力六人を休ませるという大博打を打っといて予選敗退ではシャレになりません。
博打を成功させるためにもしたたかに、そして本戦で戦って勝ち抜くためにも
苦しい判断としてポーランド戦での時間稼ぎに踏み切ったってこと。
ただし今回はすでに博打に大勝し、主力選手を休ませることに成功しました
実は現地点ですでに西野監督の采配と賭けは読み通りに当たったてことでそ。

対戦するベルギーは第2戦ですでに予選突破を決めていたので
第3戦のイングランド戦では主力をほぼ全員下げて休養させて本戦に備えました
もし日本が主力を休養させずにベルギーと対戦すれば極めて不利な状況になります
34~36℃という猛暑の中の第3戦で主力選手をフル出場させていたら
例えポーランド戦には気持ちよく勝てたとしても本戦では無残な敗北だおね(´;ω;`)

ほとんどのファンやマスコミが予選突破のみに注目して祈っていたとき
西野監督はベスト16に残るために予選の突破を狙っていたのではなく
ベスト16で勝ちあがってベスト8に残るための戦略をしたたかに練ってたってこと。
もちろんそれは完璧ではないし、かなり博打的な作戦であったのも事実でそう。
準備に成功したからといって本戦で簡単に勝てるような相手でもありません
しかし今回は博打に勝ち、最高の準備をしたまま本戦で戦えるチャンスを得ました

ベルギーは強豪で今のところ簡単に勝てるわけもなく厳しいのは事実です(´・ω・`)
しかし少なくとも選手の温存と休養を取らせれたってのは好材料だおね。
そして日本にとってベルギーが非常に相性の良いチームであるのも好材料でそう
ここまで準備はそれなりによくできてるので、後はいかに戦うかでそう(`・ω・´) シャキーン

最後まで粘り強く組織的に戦ってベスト8に進んでほしいものです

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: ベルギー国民、日本戦に楽勝ムード


コメントを残す