6月 ネット証券比較

相場操縦などの不公正取引をAIが調査
カブドットコム証券、売買審査業務にAI「Hitachi AI Technology/H」を導入
2018年07月03日 ITmedia
カブドットコム証券は、相場操縦行為などの不公正取引の調査を行う売買審査業務に、日立製作所(以下、日立)のAI「Hitachi AI Technology/H」を導入する。2018年8月から本格利用を開始する。証券会社は、金融市場におけるゲートキーパーとして、不公正取引の疑いのある取引を的確に見つけ、必要な注意喚起や規制などを迅速に実施することが求められる。これを受け、カブドットコム証券では、売買審査の高度化と審査効率の向上を図る試みとして、AIを導入する。
導入当初は、大量の虚偽注文で第三者の注文を誘引する相場操縦「見せ玉」の審査に適用し、売買審査システムによる一次抽出データのうち、人手による審査が必要ないデータの見極めに利用する。売買審査担当者の知見をAIが学習し、スコアリングモデルの精度を高め、算出するスコアの閾値を徐々に引き上げることで、業務の効率化が推進され、審査の実効性が高まると見込んでいる。
0707

6月株式口座増加数
マネックス    6935口座(1063)-13.2%
岡三オンライン  5960口座(+1877)+45.9%
松井証券        3856口座(-542)-12.3%
カブコム        3232口座(-156)-4.6%
クリック証券   2662口座(+206)+8.3%
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

6月信用口座増加数

マネックス    716口座(-14)
松井証券       537口座(+44)

6月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         4兆1914億円(前月比1616億円)-3.7%
松井証券         2兆3801億円(前月比3574億円)-13.0%
カブコム      1兆9825億円(前月比2574億円)-11.4%
マネックス        1兆2080億円(前月比-1418億円)-10.5%
クリック証券       1兆3339億円(前月比-4039億円)0.2%
岡三オンライン       2989億円(前月比 139億円)-4.4%

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          1995億円(前月比-  76億円)-3.7%
松井証券          1133億円(前月比-170億円)-13.0%
カブコム            944億円(前月比-122億円)-11.4%
クリック証券          635億円(前月比+    2億円)0.2%
マネックス           575億円(前月比-  67億円)-10.5%
岡三オンライン      142億円(前月比     6億円)-4.4%

信用残高
 
楽天証券      4564億円(前月比    1億円)0.1%

松井証券      3148億円(前月比  57億円)1.7%
カブコム      2633億円(前月比-  36億円)1.3%
マネックス     2009億円(前月比-  33億円)1.6%
クリック証券    1167億円(前月比  37億円)3.0%

各社の証券口座数
マネックス     177万9713口座(+6935)
松井証券      114万7242口座(+3856)
カブコム      109万6036口座(+3232)
クリック証券    34万6422口座(+2662)
岡三オンライン      18万4609口座(+5960)

各社の信用口座数
松井証券       18万6231口座(+537)
マネックス    12万1069口座(+716)

6月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろってたので並べてみたにょ(σ´∀`)σ
ご存知のとおり6月はかなり盛り上がらない相場でした

日経平均も前半は少しがんばったものの、後半からはズルズル売られていった状況
米中貿易摩擦というか関税引き上げ対立懸念が先行き不安をかきたてた結果
いまのところ7月に入っても日経平均はズルズル売られて後退してる状況です

各ネット証券の株式売買代金もかなり大きく減少してるとこが目立ちます
もともとかなり少ない売買代金がさらに減少してるので業績に影響しやすいでそう
理由はあまりわからないけど株式手数料に収益依存度の高いネット証券ほど
6月は大きく売買代金が減少しているという傾向があるようですφ(.. )
松井証券とマネックス、カブコムは株式手数料への収益依存度がかなり高い
特に松井証券は飛び抜けて高いのでボディーブローのように業績に響きそうだお
(マネックスは仮想通貨分があるので何ともいいがたい)

0506

1月から信用手数料引き上げて株式売買代金が減少し続けてたクリック証券は
ようやく減少が下げ止まったのか唯一プラスだったようです
クリック証券は証券事業への依存度が10%あるかないかなので関係なさそう。
どちらかといえばFXが絶好調で昨年同期比で30~35%くらい売上高が増加してるおね

今年の4月以降からかなり個人投資家の売買が減少しているようだし
特に6月は2018年で一番株式売買代金が少ない月となったようです(カブコムの事例)
4月以降からは株式売買代金や先物の出来高も低調なため
各ネット証券の業績も1~3月に比べると4~6月はガッツリ減少しています
株は特に1~2月が盛り上がっていたので、その反動が業績に大きく反映されてる様子
今回一番おかしい数字が出てたのは岡三オンライン証券の口座開設数でそΣ(・ω・ノ)ノ
株価が低迷して投資家も売買を控えてたので各社とも口座開設数が減少してるのに
なぜか岡三オンライン証券の口座開設数がアホみたいに謎の増加をしています
5月の口座開設数4000件が6月は6000件にいきなり1.5倍の増加だおΣ(゚д゚;)
でも株式売買代金は増えてないしただただ空の口座数が増えてるだけのような気がす。
ポイントサイトでポイントをばら撒いて空口座をどんどん増やしているようですが
もはや一体なんのためにやってるのかよくわかりませんね(´・ω・`)
そんな空数字を増やすことより業績を黒字転換するほうが100倍重要だと思うおね

2018年06月29日
岡三オンライン証券が赤字拡大!開業して黒字は1回、赤字は11回

2018年06月07日
5月 ネット証券比較

2018年05月04日
4月 ネット証券比較

2018年04月07日
3月 ネット証券比較

2018年03月29日
LINE、野村HDと「LINE証券」設立へ

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: 6月 ネット証券比較


コメントを残す