【8/2】国債はどこまで売られる?

更新が遅くなってごめんよー
寝ちゃったです

日経平均:22512.53(-234.17)

おーちーたー
特になんの理由もなくいきなり滑ったよー
(上海株が-2.00%と転げ落ちたっていうのもあるけど…。でも、直近の安値まで来てしまったし、戻しそうな…?)

でも、前兆がないわけではなかったんだよね~

昨日大きく売られて底抜けした長期国債がこんな感じに、午前9時頃からいきなり買い戻されて上に走っていたんだよー。

「国債が買い戻されたら、株は崩れる」っていうのがあたしの予想だったから…
崩れたのは、まーそうなるよなーって感じでした。

日足で見るとこんな感じ。
長い下髭を引いて、もしかしたら底打ちかも…って形に。

あと、昨日はお昼過ぎに日銀のイレギュラーな臨時オペが入ったんだよー。
長期金利の急上昇は許さんよ、って日銀が姿勢を示しました
(でも、指値オペはなかったです。0.2%の上端に達するまでは伝家の宝刀は抜かないつもりっぽい)

ただねー、本当に底を打ったか?っていうと、うーん…
どうなのかなぁ?

利回りで見ると、こんな感じに1年以上も続いた0.0~0.1%のレンジをはっきりと上放れしたばかりだし、これが騙しなんてことあるのかねぇ?
上方向のスイッチは入ったように見えるんだけどなぁ

上下しながらも、じりじりと日銀が新しく決めた上端の0.2%を目指す展開になるんじゃないかなぁ。
今日は買い戻されたけど、0.0~0.1%のレンジに戻ることはなく、戻りを売られそうな…。

利回りが上昇局面に入った=国債が売られる局面に入った=株は買われる局面に入った

…と思うのです。
中長期的にはね。

長期国債先物のチャート。
ずるっと滑って、下方向のスイッチが入ったと思うんだけどなー。

前回大きな国債の売り局面が来たのが、イールドカーブコントロールの導入(予告)をスタート地点にトランプ大統領誕生のラリーまで、2016年7~12月まで
今回も同じような感じで、半年くらいは国債の売り局面が続くと考えています。

つまり、半年くらいは株は強い!

…はず。

もう戻り売りの時代は終わった。
これからは押し目買いの時代。

底抜けはもうしないから、落ちても買い場と思って買っていくのが正解のはず!

本日の成績:前日比-23200
今月の収支:-97217

マイナス~。

本日のぷーちゃんシステム

買い:1銘柄(新規:1 買い増し:0)
売り:1銘柄(利確:0 損切り:1)

持ち越し銘柄数:16銘柄

ぷーちゃんは1銘柄買い、1銘柄売り。
小さな動きでした。

現在、含み益が8銘柄、含み損が8銘柄
ポジションは20%くらい

今日はほぼ全面安でした。

裁量取引(評価損益)
7201 日産 +1.25%

裁量取引。

朝から長期国債先物が垂直に買い戻されたので、ああ、こりゃダメだな…って思って、8308りそなはある程度戻したところで売り

2914JTは昨日決算の発表がありました。
通期の最終利益予想を200億円下方修正
あたしはこのくらいの下方修正は織り込み済みだと思ったし、買い場だと思ったので、ずらずらと買い板を並べて待っていたんだけど…
寄りは安かったものの、寄り底大陽線で切り返して行っちゃった
うー、後2円落ちてくれれば刺さったのに…

前日の高値を超えるところまで戻したので、一旦売っておきました。

日産だけ残し。

国債が買い戻され始めたし、しばらくは株は弱いかもしれないけど…
国債の中長期的な売りトレンドはまだ始まったばかり、つまり、株の中長期の買いトレンドはまだ始まったばかりだと思うので、この下落は絶好の押し目だと思う。

今、長期金利の上端が0.2%だけど、これからは日銀会合が近づくたびに、「もしかしたら、長期金利の変動幅がさらに拡大されるかも…」って期待で、金利が上がりやすくなると思う。
金利が下がる期待よりも、上がる期待の方が圧倒的に大きな相場が来た!

そういう時は株は上がる!

出典:かぶみのトホホ株日記
詳細は引用元へ: 【8/2】国債はどこまで売られる?


コメントを残す