7月4週、海外投資家は1440億円の買い越し!

海外投資家の売買情報~。

7月4週(7/23~27)、海外投資家は日本株を先物・現物合計で

1440億円の買い越し!

3週連続の買い越し!

ただ、内訳は、現物が859億円の買い越し、先物が580億円の買い越しとどっちも小幅。
やる気のない取引でした。

前週(7月3週)は先物が6017億円の買い越しとちょーーー大きかったので、今回も続かないかなーと期待していたんだけど、ダメだったよー。
7月3週の大幅先物買いは一週限りのもの、時期的なものか、なにか特殊要因だったっぽい。

たぶん、まだしばらくは、売ったり買ったり方向感のない動きが続きそう。

日経平均のチャートに重ねるとこんな感じ。

7月4週、日経は一週間で14.87円上昇しました。
大きな動きはなかったです。
海外勢がやる気のない取引だったのは、さもありなんって感じ。

個人は1948億円の売り越し。
売り越しは3週連続
売りが続いています。

信託銀行は343億円の買い越し

日銀のETF買いはありませんでした。
7月は日銀買いがちょー少ない。

2018年年初からの売買合計金額

海外勢が6兆9595億円の売り越し
現物先物を分けて見ると、現物が3兆4040億円の売り越し、先物が3兆5558億円の売り越し
あいかわらず、大幅売り越しのままではあるんだけど…
3月末時点では、先物の売り越しが6兆を超えていたので、それに比べると、かなり先物が買い戻されているのがわかります。
逆に、現物の売り越しは3月末時点で2兆6000億円くらいだったので、少し増えています。
先物が先行して売られて、相場が崩れた後、先物が買い戻され、現物が売られる、といういつものパターンです。

個人が2412億円の売り越し

信託銀行が1兆3558億円の買い越し
信託銀行の一人買い!

海外勢は現物を買い戻し始めています。

個人は売っています。
底抜けギリギリ。

裁定買残
7/27時点で、裁定買残株数は8億1214万(前週比+4396万株)
金額が1兆7561億円(前週比+1102億円)

そこそこ増えました。
目先の底は打ったっぽく見えるんだけどなー。
ただここからV字回復して高値を抜いてくるような動きになるか?というと、うーん…
まだしばらくは安値圏でのもみ合いが続きそうな…?

ちなみに、2016、2017年はともに9月上旬を境に上昇に転じました。
今回も同じになりそうな…
つまり、8月中が買い場じゃないかと

8/1時点の裁定買残株数は7億9892万株
少し落ちています。

裁定売残
7/27時点で、裁定売残株数は2億1193万(前週比-2745万株)
金額が7488億円(前週比-959億円)

そこそこ減りました。
目先の天井は打ったように見えるよー。
「裁定売残が天井を打ったところが相場の底」だとすると、今が底…のはず。

もう一回切り返して、もし上に行ったとしても、3月につけた高値は超えられない気がするし、相場が上に動きだす時が近づいてきているような…?

8/1時点の裁定売残株数は2億0201万株
さらに減っています。

信用買残
7/27時点で、信用買残株数は25億6360万(前週比-7233万株)
金額が2兆9848億円(前週比-828億円)

ドーンと減りました!
信用買残は完全に下向き
転がり落ちています。

信用買いの整理が進んでいるってことだから、これはとてもとてもいい傾向
たぶんだけど、相場が上向いてもこのまま減り続けて、底を打った時が相場の天井になるんじゃないかなぁ?と。

信用売残
7/27時点で、信用売残株数は5億2144万(前週比+1134万株)
金額が7987億円(前週比+76億円)

少し増えました。
2番底を打ったように見えます。
これからは右肩上がりじゃないかなぁ?

相場が本格的に上に動き出すのは、信用売残がある程度溜まってからだと思うので、まだもう少し先のような…

騰落レシオ
8/3時点で
25日騰落レシオは100.12
15日騰落レシオは119.20
10日騰落レシオは104.35

15日騰落レシオは少し高いけど、25日騰落レシオはほぼ中央値
どっちにでも行けそう

8/3時点で
日経PERは13.49、日経EPSは1669.77
前週(7/27)時点で、日経PERは13.63、日経EPSは1666.38でした。
PERは下がって、EPSはほぼ変わらず。

決算が開いてきているけど、EPSはどちらかというと下がる方向に動いているんだよね
うーん
為替が円安に振れているから、上がると思っていたのに…
頭打ちになりつつあるのかなぁ?

現在のEPSで計算した日経の適正レンジは23376.78~26716.32
上がり始めたら、26000くらいまで一気に駆け上がってもおかしくないな~とは思うんだけど。

空売り比率

2018/7/30 43.6
2018/7/31 44.4
2018/8/1 40.7
2018/8/2 43.2
2018/8/3 43.8

一週間ずーーーっと40以上!
前週の金曜(7/27)に39.6とやっとこさ40以下になったのに
また40以上に逆戻りだよ~
まだまだ海外勢の売り攻勢は終わっていない感じ

シカゴ先物市場の投機筋の円建て玉
7/24 73769 円ショート→7/31 68457 円ショート
若干、円が買い戻されています。

投機筋の円売り攻勢は一服
うーん
でも、これで投機筋の円売りが終わったとは思えないんだよね
ここまではっきりとゼロから円を売りまくって、やっぱり円買いです、ってことになったら、大損になるし…
一回はっきりと投機筋が動き始めたら、半年とか1年とか、ある程度長い期間同じ方向に動き続けるのが常だから、今回も円売りは終わっていないと思う

ロングショートを別に見ると、ロングもショートも減っています。

投機筋のユーロポジション
またユーロ売りに傾いています
売り転すれば完璧なんだけど、まだそこまではいってません

投機筋のドルインデックスのポジション
じりじりとだけどドル買いが増えています。

ここんところ、ヨーロッパの景気が持ち直しつつあって、逆にアメリカの景気が踊り場っぽくなってきているから、ドル買いもそろそろ終わりなのかなーとも思えるんだけど…
投機筋はまだまだドル買い目線なんだよねー

ちなみに、最近、モルガンスタンレーが「ドルはピーク。強気のコンセンサスはまちがい」だとリポートを出したと、ブルームバーグがニュースにしていました。
投資銀行がこういうふうに言い出した時はだいたい逆に行くものなので、やっぱりドルは買いかも…って思ってしまう(笑)

まとめ

7月4週の海外投資家は買い越し!
3週連続の買い越しだよー
ただ、中身を見てみると、先物も現物も少額の買い越しだし、やる気がない感じ
ここからどんどん買い越しが続いて、日経がぐいぐい上がって行く、って感じではないです

まだしばらくはレンジの動きが続くんじゃないかなぁ…って気配

でも、上に動き始めるのも近いと思うんだよねぇ

(1)2016、2017年と裁定買残は9月の上旬で底打ちして、上昇に転じている。今回も同じパターンになるかも?
(2)信用買残がピークをつけたのが3月中旬。その信用期日が9月中旬なので、そのあたりから需給が良くなってくる
(3)日銀の政策調整で日本の長期金利がレンジの上端の0.1%を突破!国債は売りのターンに入ったっぽい
(4)投機筋はドル買い目線継続。ドル高円安は日本株に支援材料

9月が転換点になると思うんだけどなぁ

この先の経済イベントをまとめておくと

8/23~25 ジャクソンホール会議
9/14 メジャーSQ
9/18 FOMC(利上げを予定)
9/19 日銀会合
9/20頃 自民党総裁選
9月中 2000億ドル規模の対中追加関税発動
11/6 米中間選挙投票日

なにかあるとしたら、ジャクソンホールか、対中追加関税か…
7月と同じように、9月の追加関税の発動にむけて中国株が売られて、発動と同時に出尽くしで底打ち反転ってパターンになるかも?
今、トランプ大統領がやたらと中国に対し強硬なのは、中間選挙をにらんだポーズだと思うので、たぶん、中間選挙後は落ち着くと思うんだよね。
株は9月の追加関税発動で出尽くしになって上がり始め、11月の中間選挙後に上に加速する、ってことになるんじゃないかなぁ?

中間選挙は共和党が勝とうが民主党が勝とうが、どっちにしろ出尽くしで株は上がると思うけど、たぶん共和党が勝つような気がしています。
今の民主党は影が薄すぎる…
もうちょっとがんばれよー

BEIは8/2時点で2.12
同じくらいの水準で持ち合いが続いています。
ここから上に行くのか、下に行くのか
うーん…

12月FOMC時点の金利予想
8/4時点で
年2回利上げ(残り0回)の175-200(紫)が1.7%
年3回利上げ(残り1回)の200-225(茶色)が29.8%
年4回利上げ(残り2回)の225-250(灰色)が66.7%
年5回利上げ(残り3回)の250-275(黒)が1.8%

225-250が右肩上がり
年4回利上げを織り込む動きが続いています
今の時点で70%近くまで来ているし、これはもう確実に4回やる流れだと思う。

CRB指数はこんな感じ。
200日線を割って、さらに下に走るかどうかの瀬戸際
ここから下に走っちゃうとかなり苦しい

ちなみに、投機筋のゴールドのポジションはこんな感じ。
ポジションがすごい勢いで売りに傾いているよー。

ただ、ロングショートを別にみると、ロングはほとんど動いていないのに、ショートがどんどん増えている…
投機筋が売り仕掛けている!
なので、なにかのきっかけ…たぶん、それはドル売りだと思うけど…で、ショートカバーが進み一気に戻す可能性が…

ハイイールド債の長期チャート
16年頭から始まった上昇トレンドが18年頭に一旦は失速したんだけど…
今また高値を抜いて、上に再加速し始めています。
この形はめちゃくちゃ強く思えるんだけどなぁ

今後の株の動きを先取りしているような…?

米10年債利回り
3.0%の壁にアタックしたんだけど、はっきりとは超えられず、押し返されています。

ドイツ10年債利回りも押し返されています。

でも、日本10年債利回りは日銀の政策調整で長らくレンジの上端だった0.1%を突破!
ここから急落して、もう一度0.0%を目指す動きにはならないと思う。
現在の上端の0.2%を目指す動きになるはず。
なので、米国債利回りもドイツ国債利回りも今は押し返されているけど、結局、上方向に行きそうな気がしています。

ただ、投機筋の米国債ポジションがねー
すでにかなり売りに傾いているんだよね
ここからさらに売られるのか?っていうと、うーん…

なにかの拍子に米国債の売りポジが急激に買い戻されて、金利が急低下する可能性が…
むむむ

シカゴ先物市場の投機筋の日経225先物のポジション
少し減ってはいるものの、まだ売りに傾いたままです
うーん

出典:かぶみのトホホ株日記
詳細は引用元へ: 7月4週、海外投資家は1440億円の買い越し!


コメントを残す