テックビューロ、実質身売りでフィスコの子会社化へ

テックビューロ 仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について
2018年9月21日
本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。

匿名化サービス悪用、追跡困難か Zaif仮想通貨流出
2018年9月20日22時34分 朝日新聞
仮想通貨の巨額流出は1月にコインチェック(東京)で約580億円が流出して以来。テックビューロによると、14日午後5~7時ごろ外部から不正アクセスを受け、ビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュの3種類が流出。流出した67億円分のうち45億円分が顧客の資産で、22億円分は自社の資産という。

Zaifの仮想通貨流出、70億円に 当初発表から3億円拡大
2018年09月22日 ITmedia NEWS
仮想通貨取引所「Zaif」が不正アクセスを受け、仮想通貨が流出した事件で、Zaif運営元のテックビューロ(大阪市)は9月21日、被害額が約70億円に上ったとみられると発表した。20日の発表から約3億円拡大した。うち約45億円が顧客の預かり資産という。

テックビューロが開示した情報としてはフィスコに金融支援を頼んだということ
今回は50億円の増資のようだけどもっと増える可能性もあるでしょう
結果としてフィスコはテックビューロの過半数以上の株式を取得したこととなり
過半数以上の取締役を派遣するので実質的にはテックビューロは子会社となりました。
ついでにテックビューロの現取締役はすべて引責辞任となるようですφ(.. )

なんでフィスコがテックビューロのためにわざわざ増資したかと思ったら
そもそもフィスコは法人向けの仮想通貨取引サービスを提供してて
テックビューロからZaifと同じシステムをASPで提供を受けてたようです
つまりテックビューロがこのまま倒産するとフィスコのシステムも宙に浮いて
システムの運用やサービスを維持することもできなくなるってことです(´・ω・`)
おそらくそういった背景もあってテックビューロの支援に乗り出したのでしょう

動画の中ではZaifを買収することで個人向けの仮想通貨サービスを提供できるので
買収の価値は十分あるとか勝算はあると判断したとか言ってるみたいですが、
ぶっちゃけZaifはこれから非常に厳しい検査処分があると思うんだおねΣ(・ω・ノ)ノ
なんせ金融庁が指示した検査結果や改善策をすべて無視してたから

セキュリテイー強化に無駄なコストに投資したくないという背景があったのか
あるいは個人投資家なんてどうでもいいという経営姿勢のせいなのかは不明ですが
いずれにしても金融庁の指示に従っての改善策を怠っていたということ
最悪の場合は登録抹消もあるえるし、良くても年以上は営業停止でそ(゚д゚)、ペッ
株主や経営陣が変わったからって処分が甘くなるとは思えないし
セキュリティー強化への投資や回収にも多くの時間やお金が必要になります。
果たしてそんな会社を50億円で買収する意味があったのかは微妙なところでそ

そもそも同じグループ内に仮想通貨取引所の免許が二つある意味もないしね

出典:スイングトレード ★ 日記.
詳細は引用元へ: テックビューロ、実質身売りでフィスコの子会社化へ


コメントを残す