【罰金46億円ヽ(・ω・)/】サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」

NHK NEWS WEB 2018年10月20日 18時36分

サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」
スペインのバルセロナで建設が続くサグラダ・ファミリア教会は世界的な観光名所として知られますが、実は、133年間にもわたってバルセロナ市から建設許可を得ていない状態でした。このほど、教会が日本円にして46億円余りを市に支払うことでようやく許可が下りる運びとなりました。

アントニオ・ガウディの代表作「サグラダ・ファミリア教会」は、136年前の1882年に着工し今なお建設が続けられていますが、スペインのメディアによりますと、133年前にはバルセロナ市から建設許可を得ていない状態になり、そのまま現在に至ります。

理由は、教会の建設場所が着工当時は別の自治体で、その後バルセロナ市に合併された際どういうわけか建設許可が更新されなかったためだということです。

「無許可建設」という指摘に対し、教会は「バルセロナ市から連絡がなかった」と説明していましたが、市と2年間にわたって協議した結果、このほど、市に3600万ユーロ、日本円にして46億円余りを支払うことで市から建設許可が下りる運びとなりました。

教会が支払うのは、長年にわたって滞納する結果になった税金などに当たりますが、市は、それを教会に隣接する道路の補修や地下鉄から教会への新たな出口の整備など教会建設への支援に充てるとしています。


サグラダ・ファミリア00

出展:

まさか市からの許可を得てなかったとは…。
罰金46億円も凄いですね(;^ω^)

続きを読む

出典:ざら速 (ザラ場速報)
詳細は引用元へ: 【罰金46億円ヽ(・ω・)/】サグラダ・ファミリア 133年ぶりに「建設許可」


コメントを残す