音楽大学卒業生の悲惨な就職事情…オーケストラ、1名の求人に200名以上殺到も

1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/21(日) 13:42:21.99 ID:CAP_USER9
61f68_1292_7feb7d13_638c7d0f厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率は、1.63倍。日本人の勤勉さをもってしても、よくここまで日本が持ち直したものだと思います。バブル崩壊後の1993年から2005年までの13年間、リーマンショック後の2008年から2013年までの6年間は、有効求人倍率1倍を割っていたわけで、その時代に就職活動をしていた方々は、本当に大変な思いをなされたと思います。転職なんてとんでもない時代でもありました。特に1999年には求人倍率0.48倍を記録。その年を挟んで前後数年間は、2人に1人しか就職できない状況だったわけです。

一方、オーケストラの就職事情に目を向けてみると、世界のどこを見まわしても、求人倍率0.48倍などという“素晴らしい時期”はなかったことでしょう。最初に答えを言いますと、0.01倍にも届かないのが実情です。9月3日付本連載記事でも少し触れましたが、たとえばヴァイオリンひとつとっても、日本全国42校ある音楽大学から、毎年ものすごい数の卒業生が生まれてきます。

そんな彼らに対して、日本にはオーケストラが36団体しかないうえに、各オーケストラのヴァイオリンの求人は毎年、数名程度あるかどうかなのです。オーケストラによっては、募集がまったくない年もあります。しかも、卒業して何年もオーディションを受け続けるので、著名オーケストラともなれば、たった1名の求人に対して200名以上の候補者がオーディションに押しかけて椅子を奪い合うということも珍しい話ではありません。

http://news.livedoor.com/article/detail/15474613/

11: 名無しさん@1周年 2018/10/21(日) 13:45:27.45 ID:+5Yt/1VQ0
趣味でやれよ


続きを読む

出典:マネーニュース2ch
詳細は引用元へ: 音楽大学卒業生の悲惨な就職事情…オーケストラ、1名の求人に200名以上殺到も


コメントを残す