ギズモード・ライフハッカー運営元、ハルク・ホ―ガンに負けて破産申請

 日本でも有名なGizmodoなどのブログメディアを多数運営しているGawkerは10日、連邦破産第11条を申請して経営破綻した。Gawkerは、旗艦メディアのGawkerに掲載した著名なプロレスラー、ハルク・ホーガン氏のセックススキャンダル記事を巡ってハルク・ホーガン氏から名誉毀損の損害賠償請求訴訟を起こされ、今年の3月には一審で1億1500万ドルの損害賠償判決が言い渡されていた。 
 Gawkerは一審判決は不服として上級審に控訴すると同時に、裁判所に対して請求金額の減額を求めていたが、請求金額の減額は認められず、二審に関しても敗訴の可能性が確実となったことが今回の破産申請につながった。ハルク・ホーガン氏の裁判を巡っては、先月になり、著名な投資家で、Facebook取締役でもあるピーター・ティール氏がハルク・ホーガン氏に資金援助を行っていることも明らかになり、関心を集めていた。ピーター・ティール氏は、Gawkerの手法は、他人を貶めることで注目を集めようというもので報道機関の名を借りた悪であると決めつけ、裁判を通じて破滅に追いやるとまで公言していた。

 実際のところ、Gawkerは、ハルク・ホーガン氏裁判での賠償判決が確定した場合に、1億ドル超もの損害賠償金を支払うだけの財政面での余裕はなく、今回の裁判が負けた場合には、破産するとする見方が優勢を占めていた。Gawkerは、芸能ゴシップブログのGawkerを筆頭に、Gizmodo、Jalopnik、Kotaku、Lifehackerなどをニュースサイトの運営を行うことで、ニューメディア系メディアとしてはもっとも成功を集めていた。しかし、その一方で、Gawkerのゴシップ記事を巡ってはこれまでも度々、問題を引き起こしてきた。Gawkerは、破産申請を行うことで、既存の債務を整理した上で、経営再建を図ることを計画している。

http://business.newsln.jp/news/201606101734370000.html 
 

ハルク・ホーガン

 
続きを読む

出典:会社アカン報
詳細は引用元へ: ギズモード・ライフハッカー運営元、ハルク・ホ―ガンに負けて破産申請


コメントを残す